*

上位表示仮説。サイトカテゴリー論

公開日: : SEO

今日ふと仮説という名の思いつきがあったので、それを記事にしようと思う。

それは

  • 1,グーグルはどのようにして、そのサイトを判断しているのか?
  • 2,その結果として、サイトをどのカテゴリーに属すのか?
  • 3,もしかしてそれによってキーワードに対する上位表示のランクが決まるのではないか?

という①以外の疑問に答える仮説である。

ある知人のサイト(ドメインは「.com」で「WordPress」で、あるジャンルの雑多記事サイト)をみているときに、いくつかの上位表示しているキーワードを教えてもらった。

そのキーワードで調べると、不思議なことに、そのキーワードで上位表示しているサイト郡がどれもブログドメインが多かった(ウェブリブログ、jugem、amebloなど)。

ここでふと閃いた。

もしかしたら、その知人のサイトは「アフィリサイトカテゴリー」というよりも「ブログカテゴリー」と判定されているんじゃないだろうか?

これはある個をどの系に属するかに似ている。たとえば、私という個は、ヒト(人類)科に属して、ヒト(人類)は哺乳[綱]動物[界]にカテゴライズされ、生物というのは一つの系をなす。(表現の仕方が適切じゃないかも知れないw)

classification-862x1024

画像:https://lab.mykinso.com/chisiki/classification/

 

これと似たようなイメージで、私のサイトはどの階級に属すと判断されるか?(=キーワード)によって、上位表示されやすさが変化してくるのではないだろうか。

classification-862x1024

 

何かしらのキーワードを検索すると、このようなカテゴライズができると思う。

 

  • ①雑誌系、オウンドメディア系、コンテンツ系サイト、強者アフィサイト
  • ②知恵袋、個人ブログ、アドセンスサイト、弱小アフィサイト
  • ③公式サイト、大型サイト(リクルート系、カーネットとかカカクコムとかアットコスメとか)
  • ④楽天、アマゾン、ロハコ、ヤフショ、ヨドバシ.comとかその他通販系
  • ⑤辞書サイト、wiki、ピクシブ、ニコニコ辞典
  • ⑥ガバメントドメイン、大学ドメイン
  • ⑦ニュース系媒体(Abemanews、j-cast、fnnなど)
  • +⑧SNS系(Twitterやyoutubeなど)は①~⑦のキーワードに入ってくる。

※上記以外にもキーワードによってグルーピングできるはず。

たとえば、①のキーワード(たとえば「ダイエット 続かない」)に該当するときは、②~⑥にカテゴライズされているドメイン(=サイト)は出てこないか、極端に出てくる確率が低い。

「ほげぇぇぇぇぇぇぇえええ」というキーワードに属するサイトは②や⑤の一部であることが多い。このキーワードでは絶対に①や③や⑥は出てこない(営利団体がそんなページを作る意味がはないがw)。

つまりキーワードによって、ある程度カテゴライズされグルーピングされた、サイト群が出てくるということだ。

そのカテゴライズのされ方、つまり冒頭で述べた「1,グーグルはどのようにして、そのサイトを判断しているのか?」の原理は分からない。(被リンクなのか、サイトの構成なのか、記事の内容なのか、集まるアクセスの質や量なのか、ライバルサイトの兼ね合いか、あるいはそれらの組み合わせなのか、まったく別の要因か…)

そして、その結果として、自分のサイトがどこかのカテゴリーに属されたと判断された場合(①~⑧)どうなるだろう。

もしも仮に自分が目指すカテゴライズは本当は①なんだけど、実は現状として②に属されているという可能性があるかもしれない。すると①に属されるキーワードでは上位表示しにくくなり、②のグルーピングがされたキーワードで上位表示しやすくなるのではないだろうか。

冒頭で紹介した、ある知人女性のサイトは、恐らくグーグルから「個人ブログ=②」と判断されている。(まあ実際に独自ドメインをとってWordPressでつくった個人ブログだから問題はないのだけれど。ちなみに自作自演リンクなし。運用歴は1年くらいで、ナチュラルリンクが2本入っていた)

雑記ブログだからサプリとか一般名詞ワードとか色々な記事を作ってはいるものの、このサイトで優先的に上がりやすいキーワードは②に属するキーワードだ。どうやって①とか②とか判断するかというと、上げたいキーワードで調べてみて、どのサイト群が上がっているかで判断する。

となるとサイト構成や記事内容は好き勝手に記事を入れるよりかはある程度秩序だって体系的にしていったほうが良いと思われる。つまり、狙ったワード以外は余計な記事を入れるなということ。(ここでいうキーワードとは①~⑧に属すという意味で、特定のキーワードを指すわけではない。たとえば酵素サプリというキーワードだけ入った記事を入れるという意味ではない)

自分のサイトが意図的に①に入りたければ、②~⑧に属すると思われる記事を削除しなければならない。つまり、自分のサイトがどの系のどこに属したいかをあらかじめ考えるということだ。

classification-862x1024

 

上記の図でたとえれば、ヒト属(たとえば①~⑧の中でヒト属は①だとする。①~⑧のグルーピングは最終的な属だと思ってもらえればいい)に属したいなら、動物→脊索動物門→哺乳網→サル目→ヒト科→ヒト属(①)と辿らなければならない。

余計な記事を入れるということは、余計なカテゴリーを作ることでもある。だとすると、動物→脊索動物門→哺乳網→鯨偶蹄目→クジラ類→ハクジラ亜目→イルカ(②)とまったく別のカテゴリーだとグーグルに判断されてしまう恐れがある。

もしかしたら、記事内容・記事構成・被リンクのされ方などによって、どの属に属するかが分かれるのかも知れない。

 

 

関連記事

no image

上位表示仮説。1ドメインに特定の”言葉”を集めよ!

言ってるそばから約束を破るw 上位表示に関する仮説と言う名の思いつき。前々の仮説通りであるが、

記事を読む

hqdefault

パーソナライズ検索について知りたくて「Google ログインしてない パーソナライズ」で検索した結果。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず。」今日では戦略の箴言となっているが、まさしくそのとおりだと思う。

記事を読む

AAuE7mCjchthUP4QTo_ORsbeCgTzuwENieVuNoTqnw=s900-mo-c-c0xffffffff-rj-k-no

Googleアップデート(SEO)さんについての考察

なんか最近、大変動が起きましたね。私は元々売上ゼロでダメージゼロなのですが、中にはサイト順位が変わっ

記事を読む

mdig

【SEO考察】2019年以降のSEO対策と、2019年以前のSEO対策の違い。

はい、今日はSEO考察。 この考察シリーズは単なる私の観察による気づきや、仮説(とよべる代物か

記事を読む

no image

上位表示の仮説

今、とある仮説(思いつき)が浮かんでいる。これから私自身、その仮説を検証すべくサイトを作る。このサイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
アクセスがちょっとずつ集まってきた

ちょっとずつアクセスが集まってきた。今は1日2~3記事くらい書

no image
世界は狂人によって支配されている

  この話が本当かどうか知らないが(信じるか信

no image
陰謀

これから狂った話をしようと思う。あと2ヶ月で終わるのだから、狂った話を

no image
2019/10/31(残60日)

このドメイン、どうやらあと2ヶ月で切れるみたい。今回は更新せず終わらせ

no image
単なる作業日記go 24記事

今月は24記事書いた。来月は1日1記事を目標に頑張る。 商標系ぽ

→もっと見る

PAGE TOP ↑