*

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#22【アクセス増加】

rapture_20190417225354

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※およそ2週間前に書いた記事を、本日(2019/04/29)アップします。笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがたいことに、ボチボチとアクセスが増えてまいりました。
このくらいのアクセスでも喜べるって良いですね。笑

なぜ嬉しいかというと、1つ壁を乗り越えられたからです。

というのも、売上発生までの流れはザックリ言って・・

 

  1. サイト作成のための諸々の準備
  2. サイト作成
  3. インデックスされる
  4. 上位表示される
  5. アクセスが来る
  6. 文章を読んでもらう
  7. アフィリリンクをクリックしてもらう
  8. 売上発生

 

という流れだと思いますが、アクセスが来るということは
1~4までをクリアしたからです。

次の課題は6~7です。

例えば、今日の時点で15アクセスありまして誘導数は2なので誘導率は13%です。

この数字が高いとみると低いとみるかですが
今までの経験でいえばやや低いかなと思います。

せめて最低限で20%は出したいと思っています。

 

一般的な誘導率について

一般的な誘導率がどのくらいでしょうか?

  • キーワード
  • サイト順位
  • 記事タイトル
  • 誘導ボタンの位置
  • 誘導文言
  • 文章の長さ

などによって一概には言えませんが・・

商標キーワードでは40~60%を目指したい
一般名詞キーワードだと20~30%を目指したい

という感じでしょうか。

では「アフィリリンクへ誘導ができない」という場合、
何が問題なのか考えてみたいとおもいます。

 

「アフィリリンクへの誘導ができない!」は何の問題?

この問題を解くためには、
「書店に本を購入しに行く」をメタファーとして考えてみましょう。

本の購入に至るステップは・・

  1. 意図:●●で何か面白い本はないかな? ⇒ キーワード
  2. 注意:意図に沿ったコーナーを探す&何か気になる「タイトル」が目につく ⇒ キーワードと順位&サイトタイトル
  3. 興味:面白そうだと手に取る ⇒ リード文
  4. 関心:「はじめに」をパラパラと読んでみて ⇒ 本文~アフィリリンク誘導
  5. 欲求:何か為になりそうだし家でジックリ読みたいと思って ⇒ 広告主LP
  6. 購入:レジにてお買い上げ ⇒ 広告主LP

と、こんな感じでしょう。

我々アフィリエイターが一般的にできるのは
4の関心までです。

購買欲求は1,5,6に依存しており、
アフィリリンクの誘導は、2,3,4に依存していると思われます。

すると、本屋で目的に沿った本を探すを
アフィリに置き換え大別するとこういうことになるでしょうか。

  • 検索意図=本屋にあるテーマ別コーナー
  • リンクの誘導=2,タイトル、3,4はじめに・リード文&本文

というわけで、リンクの誘導は「タイトル」&「はじめに」&「リード文&本文」
この3つの問題であることが分かります。

 

検索意図=本屋にあるテーマ別コーナー

あなたが「何かビジネス書が欲しいな」と思って
ビジネス書が置いてある本屋へ行くと仮定しましょう。

このときの「何かビジネス書が欲しいな」
これこそがいわゆるユーザーの検索意図(=キーワード)で、
その意図が絞られているか、あるいは、広がっているかの違いはあります。

picture_pc_c3309d151782ee979c014910ccdaa566

商標キーワード

例えば、大前研一さんの50代からの「稼ぐ力」という本が欲しい!というのは
商標キーワードみたいなもんですね。

この場合、購買意欲が非常に高く、
その本屋に目的の本が置いてあればいいのです。

ただし、このときに大事になるのは、
”本の買いやすさ”と言えるでしょう。

目的の本が目立ったコーナーにあって
”探しやすい”とか”見つけやすい”とかです。

だから商標キーワードの場合は
誘導率というのはあまり意識せずに
順位(=本屋でいう探しやすさ・買いやすさ)が大事なのです。

上位表示されていればいるほど探しやすいってことですから。

 

一般キーワードの場合

では、一般名詞的なキーワードを本屋に置き換えて考えます。

  • 成功哲学で何か良い本ないかな
  • ウエブマーケティングで何か良い本ないかな
  • 営業で何か良い本ないかな

とこうなるわけですが、この場合、

「何かビジネス書が欲しいな」よりか目的は絞られていますが、
「大前研一さんの本が欲しい」よりか目的は広がっていますね。

先ほどの商標との違いは、目的が抽象的であるというところです。

まだ目的が明確化されていない。

たとえば、ウエブマーケで面白そうな本があったら買うって感じですが、
なければ別の日でも良い。

ネットでも同様で、だから、一般名詞のキーワードは
CVRが平均で1%と言われるのです。

「何か良さそうなのがあったら買う」けれど「なければまた今度でいいや」と人が
多いからCVRは商標より低いのです。

なぜなら目的が具体的ではなくて、抽象的だから。

ここまでをまとめると、CVRに寄与するのは、

意図(=キーワード)と、
場所(=SEO)と、
商材(=広告主LP)いうことが分かります。

 

  1. 意図:●●で何か面白い本はないかな? ⇒ キーワード
  2. 注意:意図に沿ったコーナーを探す &何か気になる「タイトル」が目につく ⇒ キーワードと順位サイトタイトル
  3. 興味:面白そうだと手に取る ⇒ リード文
  4. 関心:「はじめに」をパラパラと読んでみて ⇒ 本文~アフィリリンク誘導
  5. 欲求:何か為になりそうだし家でジックリ読みたいと思って ⇒ 広告主LP
  6. 購入:レジにてお買い上げ ⇒ 広告主LP

 
では、「アフィリリンクへの誘導ができない!」というのは
何の要因に影響を受けるのでしょうか?

それが、サイトタイトル・リード文・本文の3つです。

 

アフィリリンクの誘導=タイトル・はじめに&本文

実はココらへん(アフィリエイトのサイトの役割などについて)は、
色々と勉強中&試験中で特定の論理ができあがってません。

まだ何か分かり次第、追記したいと思いますが
現時点で分かっている事を書いていきます。

 

記事タイトル

記事タイトルは検索結果に表示されるタイトルとなります。

タイトルによって、ユーザーの意図を細かく反映させて、
ユーザーの質をコントロールすることができます。

たとえば、本で考えてみましょう。
ここに営業の本を探している人がいたとします。

「なんか営業に関する良い本ないかな~」って本屋に来た人です。

ここ営業に関する本とっても、

対法人(B2B)なのか、対個人(B2C)なのか
テレアポなのか、飛び込みなのか、反響なのか
見込み客の見つけ方なのか、クロージングの仕方なのか

など、ユーザーの意図は細かく分けることができます。

その意図に合わせたタイトルの付け方によって
ユーザーの質をコントロールすることができます。

タイトルはその商材の一番の売り(=切り口)を
見出しにすることで、オッと思わせ本を手に取らせる力があります。

例えば、加賀田 晃さんの「営業マンは『お願い』するな!」という本のタイトルは
お願い営業をしている営業マンおよび関係者(たとえば社長)にとっては
衝撃的な見出しで思わず本を手に取らせる力があります。

本の見出しからターゲットは
営業マンとザックリ言ってるので、
B2BでもB2C、どちらの営業マンも対象ですし、

また、お願い営業をさせている人(社長や役員、営業部長など)など
営業に興味を覚える人にとっても、興味を引くタイトルだと思われます。

これと同じように、たとえば「酵素ドリンク」だと検索意図が不明なので
ある程度どういうタイトルなら不特定多数の興味を引くのかを考えてみると良いでしょう。

ダイエットなのか、値段なのか、口コミなのか、安心安全なのか・・

「酵素ドリンクを飲んで2週間で-5.8kg痩せた体験談!」と
「危険すぎる酵素ドリンク9選!正しい酵素ドリンクの選び方」と

では、ユーザーの質が変わってきます。

たとえば前者は痩せたい人、後者は健康意識が高い人を対象としています。
このようにタイトルでユーザーの質を絞ることが可能です。

できるだけ購買意欲が高そうなユーザーが集まるタイトルを
つけるといいでしょう。

 

はじめに&本文

本を買うと分かりますが、
ユーザーは隅から隅まで一語一句、
文字を読んでいません。

もしかしたら、本屋で立ち読みで済ます
ツワモノもいるでしょうが、そういった例外はさておき
一般的な話をすると

まず「はじめに」を読んでみて、
目次をながめ(目次を見ない人もいる)、
本文をつまみ読みし、最後を読んで、

面白そうなら買うし、つまらなそうなら買わないという
判断をすることが一般的でしょう。※ビジネス書の場合です。

なので、リード文で興味を惹きつけて、
本文で肉付けをするという流れになります。

しかし、文書の端から端まで全ては読まれません。

なので誘導にあたっては、
いかに短く、目的に沿った文章を書くかでしょう。

また誘導文も大事で、デザインや文言によって
誘導率は変わります。

 

 

関連記事

no image

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり⑤【途中経過】

先週くらいに見切り発車でテスト的にブログを10個ほど作ったんですが さっそくニッチなロングテールア

記事を読む

money004

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#21【自分を信じて】

はい、どうも。 約1ヶ月ぶりの作業報告です。 前回の日記では、 アクセスが徐々に 集

記事を読む

no image

保護中: アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#3.5【商品・ジャンルリサーチ】PASSつき

今日もひたすらリサーチやってます。 リサーチするのは主に ・ジャンル・市場 ・商品

記事を読む

money004

保護中: アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#19【壁】

目標達成までに乗り越えたい幾つかの壁がある。壁とは問題のことだ。この壁を1つ1つ潰していくことで目標

記事を読む

no image

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり③【作業:リサーチ、SEO】

昨日に引き続きリサーチをしています。 今回はSEOリサーチです。 弱者勝つには立地(KW

記事を読む

no image

保護中: PASS:アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#17【変数のテスト】

今日は変数のテストをします。目的としては、上位表示するために有利な変数はどれかを探すためです。とりあ

記事を読む

no image

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#14【インデックスされ…】

現在22種のドメインをテストしている段階です。 なぜこの22種をテストしているのかというと

記事を読む

no image

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり②【作業:リサーチ】

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のりシリーズ第二弾。 今日は昨日の戦略をもとに、リサーチを

記事を読む

no image

保護中: アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#9 PASSつき

インデックスされない記録からの続き。 今の課題はブログがGoogle上にインデックスされないと

記事を読む

money004

今日から俺は…(決意表明と計画)

今日から、アフィリの虎を目指すべく頑張ります。 アフィリで稼いでいる猛者たちを虎(月に7桁,8

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#23【初報酬】

ようやく初報酬! 3月から手探りの調査を開始して、 お

money004
アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#22【アクセス増加】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

no image
【書評】WGIPによる洗脳工作~日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦~

本の整理をしていたら、出てきたので久しぶりに読み直しました。関野通夫さ

money004
アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#21【自分を信じて】

はい、どうも。 約1ヶ月ぶりの作業報告です。 前回の日記で

no image
我々は科学で何を得たか?

今日はもうめちゃくちゃ偏見と独断で思ってることを恣意的に書こうと思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑