*

Googleアップデート(SEO)さんについての考察

公開日: : 最終更新日:2019/04/02 SEO

なんか最近、大変動が起きましたね。私は元々売上ゼロでダメージゼロなのですが、中にはサイト順位が変わってしまい売上が激減してしまった方もいるでしょう。心中お察しします。

心苦しいと思いますが、こんなときこそ人としての真価が問われるチャンスだと思います。成長できる良い機会です。さて、今日はGoogleアップデートさんの考察をしていきたいと思います。

大変動についての考察

Googleさんのアルゴリズムアップデートがあったそうです。今回以前のアップデートと今回のアップデートでは一味違いますね。まずビッグキーワードではアフィリサイトなどが軒並み消え去っているということです。

こういった大変動に関しては、ひとまず様子見で良いのかなーと思います。アルゴリズムは機械学習の更新だと思われるので、アップデート後もデータを取得するため順位がかなり変動していくと思うのです。

私は何年もSEOから離れていますが、原理としての知識が本当にごくごく僅かだけあるので、ほんの少しだけどうなるかは予測できる気がします。

Twitterなどを見ていると多くの方は、コンテンツの質やリンクの質がどうかと色々な予測を立てています。私の場合は、それとは違った視点で考察をしてみたいと思います。

Googleは大量のビッグデータを集めて、常に機械学習を行ってます。今回のような大きな変動の場合、多分ですが教師データの変更や予測モデルの変更といった、何かしらの人の手が加わった変動があたっと考えています。

機械学習の原理についてはこちら

機械学習させるには大量のデータが必要なので、変動が最も大きいのは当然ビッグキーワードというのは自然的帰結です。そうなるとキーワード次第で変動具合が大きく変わるというわけです。

最近のGoogleを見てもわかりますが、アマゾン・楽天・ロハコ・ホットペッパービューティー・ウィキ・価格コム・知恵袋などの大量なデータ(=アクセス)が集まりやすいサイトを上位表示させている傾向にあるように思います。

またそれをベースに機械学習するので、富めるものはますます富みという原理原則が働きます。もしユーザーが今のサイトの上位表示では満足せず、Googleの利用率が低下するのであれば、また大きなアップデートが加えられるでしょう。

そうなれば地殻変動クラスの順位変動が起こりアフィリエイターにも以前のようなビッグキーワードで一攫千金的なチャンスがあるってやつですね。ただ個人的にはそれは希望的観測に過ぎないと思います。(そもそもアフィリサイトそのものがGoogleの理念に反してますので)

今後、個人のアフィリエイターはどう戦っていくべきか?

個人の戦い方ですが、恐らくジャンル(≒キーワード)次第だと思います。なるべくニッチワードを攻め、新市場の商品、競合他社が弱いジャンルなどを攻めていくしかないでしょうね。

機械学習の観点から考えると、データが集まりにくいキーワード(例えば商標、月間検索数が低いKW)はやるだけの価値はあります。ただ商標でもビッグ(ミュゼとか)や、一般名詞的なキーワードは、アマゾンや楽天や価格コムやロハコなどが総ざらいしていくので難しいと思ってます。

また短期的なSEOを目指すなら、上位表示しているサイトは上位表示している理由があるので、上位表示されているサイトの分析をすると良いでしょう。

長期的なSEOを目指すなら、統計とか機械学習とか心理学とか科学とか哲学とか、そういった原理原則を学んだほうが良いのかなーと。特に統計はまじでオススメです。

なので、個人的には・・・

1)商品選定力を高める
2)KW選定能力を高める
3)ライティングスキルを高める
4)個人という強みを活かしブランディング化する
5)特にこだわりがなければアフィリじゃなくても良いかも?(株、FX、せどりなど)
6)人のご縁を大切にする
7)機械学習の仕組みを勉強する(地道に見えてSEOの原理が学べる)
8)統計や科学や哲学や心理学を勉強する。興味があれば。
9)とにかく勉強する
10)出来事に感謝し、とにかく勉強する

なのかなーって。とにかく勉強ですね。一生、勉強大事です。

 

 

 

関連記事

no image

上位表示の仮説

今、とある仮説(思いつき)が浮かんでいる。これから私自身、その仮説を検証すべくサイトを作る。このサイ

記事を読む

hqdefault

パーソナライズ検索について知りたくて「Google ログインしてない パーソナライズ」で検索した結果。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず。」今日では戦略の箴言となっているが、まさしくそのとおりだと思う。

記事を読む

no image

上位表示仮説。1ドメインに特定の”言葉”を集めよ!

言ってるそばから約束を破るw 上位表示に関する仮説と言う名の思いつき。前々の仮説通りであるが、

記事を読む

mdig

【SEO考察】2019年以降のSEO対策と、2019年以前のSEO対策の違い。

はい、今日はSEO考察。 この考察シリーズは単なる私の観察による気づきや、仮説(とよべる代物か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
とにかく書け、70%の力で書け

とにかく書け 最終的にはこの言葉に尽きると思う。 この言葉

no image
上位表示仮説。1ドメインに特定の”言葉”を集めよ!

言ってるそばから約束を破るw 上位表示に関する仮説と言う名の思い

words_of_SigmundFreud
ようやくアフィリ(ホワイト)に取り組みだした。

最近ようやくサイト作りを初めている。(※以前は量産でブラック、今はホワ

51GfjIB-zYL._SX338_BO1,204,203,200_
修身授業録 森信三、これ最高の人生指針書。

数えたことはないが、私は年間で100冊以上は本を読んでいると思う。その

no image
上位表示の仮説

今、とある仮説(思いつき)が浮かんでいる。これから私自身、その仮説を検

→もっと見る

PAGE TOP ↑