*

非常に勿体ないサイトLP

今日は実体験をもとに、
非常に勿体ないと思ったサイトの
ご紹介を勝手にします。

ちなみに前置きが長いです(笑)

簡単に記事を要約すると、

・クレカ欲しい
・ググる
・あーこのアフィサイト、勿体ない
・勝手に診断

っていう流れです。

 

どうしてクレカがほしいと思ったのか?

実は私、クレジットカードを2枚しか持ってません。
マルイエポスカードと楽天カードです。

そこで新しくクレカが欲しいなーなんて思ってました。

クレカを作りたい理由はFB広告をやるのに、
新たにクレジットカードが必要だからです。

なぜFB広告をやるのに新たなカードが必要かと言うと
既存のカードが使えないからです。

実は私、FB広告を過去に一度だけ挑戦したことがあります。
そのときにアカウントの永久停止処分を受けてしまいました。

そして同時に登録していたいクレカ2枚も紐づけて使えなくなりました。

何とか使えるようにペイパルから試したり、
クレカ解除の申請をしたりしたんですが、
一向に解除されないので、
こうなったら新しいカードを作ろうと思ったんです。

それでつい先月Amazonをよく使っているからという理由で
Amazonカードを発行しようと思ったら・・・

見事に落ちました(笑)

事前に調べたところ、三井住友系列は審査に通りにくいとあったんですが、
さすがに「法人で2年やってるし、まだ会社潰してないから大丈夫だろ」なんて思ってました。

しかしさすが三井住友さん。
審査に落とすとは、なかなか見る目があります。

三井住友さんは法人の通帳を作るときも
見事に落としてくれましたので、かなり審査が堅いんじゃないかと思います。

 

審査がゆるいカードなら作れるだろうとぐぐってみた

それで次こそ確実に審査に通りたいと思ったので、
審査がゆるそうなキーワードでググってみました。

そこで目にしたサイトですが、非常に勿体ない!

タイトルが

誰でも作れるクレジットカード | 審査気になる方に人気10枚紹介‎

ググったキーワードは「審査 ゆるい」とか「誰でも作れるカード」ではありませんが
タイトルを見た瞬間に「おぉ!まさに自分が知りたい情報が乗ってそうなサイトだ」と思いました。

http://cc.card-lab.com/index_ad_sinsa.html?add=lab_ad_01_P149a&gclid=CjwKCAjw4sLVBRAlEiwASblR-xqQZczm0288xp847lTx-hxqny2zRrg2k26dqhbSlbd-DmLmtLIpShoCAW4QAvD_BwE

さて、私はここで申し込んだか?というとNOです。

 

1,3秒以内に情報にたどり着けない

まずタイトルに惹かれて入ってきたわけです。

「なんと!誰でも作れるカードを10枚も紹介してくれてるのか(ワクワク)」

するとその情報がない。
え、10枚はどこいったんだ?!って感じです。

サイト中段には1押しカードはありますが、10枚じゃないし、
これ本当に誰でも作れるの?と思ってしまいました。

絞り込み機能もありますが、面倒だし、よくわからないので使いません。

私が知りたいのは一点、誰でもつくれるカードです。

年会費だとか海外付与だとかはこの時点で全く気にしてません。

 

2,サイトがゴチャゴチャしすぎて見にくい

ゴチャゴチャしすぎてて目的のものがすぐに探しにくいです。

まるで楽○のサイトを見せられているみたいです。

目的のもの(商品や情報)にたどり着くまで
回り道をしている感覚です。

女性の方ならショッピングみたく楽しくて良いのかも分かりませんが、
私が求めてるのはAmazonのようなシンプルさ直感さです。

的確に情報にたどり着けるということです。

わけが分かりません。

 

3,訪問者に何の行動をとってもらいたいのか不明確

結局、サイトに来た人に何の行動をとってもらいたいのか不明確です。

バナーを見せたいのか、絞り込み検索させたいのか、
当サイトの一押しを紹介したいのか、人気コラムを読んでほしいのか。

 

4,バナーがわかりにくい

バナーがあったのに途中で気づいてクリックできたんですが
バナーが非常にわかりにくいです。

rapture_20180320174801

この右下のマークがボタンのつもりでしょうが、
ハッキリと文字で「こちらをクリック」や「続きを読む」など
文言を入れてほしいです。

個人的にはただの飾りにしか見えませんでした。

 

良いバナー広告はというと・・

20171219141217

uso

20131111_629523

20131205-150013

あまり良くないバナー広告の例

IMG_0042

詳しくはこちらが赤い(基本は青か緑)

※あえてやってる可能性もありますが

【濡る温泉】広告バナー_解像度2倍

右下の○に⇒では何をして欲しいか分かりにくい

 

5,バナークリック後のリンク先の信用性が皆無

http://cc.card-lab.com/result/index.html?cate=c4

まずリンク先のカードが8枚しかないです。
あれ10枚じゃなかったのか?って感じです。

そして、そもそもの話をしますが、私はこのサイトに来る時点で
「どうせ報酬が高い順だろw」というマイナスから入ってます。

マイナスを払拭するだけの何かが欲しいです。

1番問題というか、気になったのは
審査が不安な方に対する根拠がないということです。

つまり、なぜこれらのカードは審査に通りやすいのか?という
明確な答えがありません。

超勝手なイメージですけど、
これまでの実体験で、三井住友系列は審査が通りにくいという
イメージがあります。

エポスや楽天のようなポップさがないカードのデザインをみても、
これ審査通りやすいのか?と疑ってしまいます。

ということで、みすみす一人のCVを逃したという訳ですね。勿体ない。

 

最後に

私はよく広告出稿するときは、人に記事を読んでもらってます。
そして色々と突っ込んでもらったり、感想をもらったりします。

そうすると気づく点があります。

一人で書くとどうしても独りよがりになるんですね。

つい先日も、「モヤシは栄養がない」と記事に書いてました。

モヤシは栄養がないと思ってこう書いてたわけですが、
見てもらっところ「モヤシは栄養あるでw」と言われて、
そのときはじめてモヤシって栄養があるんだと知りました。

やはり人に読んでもらう、見てもらうのは大事ですね。

 

 

 

 

関連記事

no image

アフィリエイト、10ヶ月目の結果報告

「結果報告はキリがいい数字を突破したら!」と 考えていて、今年中に500万突破!と考えていたの

記事を読む

no image

最強のスキル

間違いなく最強のスキルはPDCAだと思う。 「なんだ、そんなことか」と思うかも知れない。 で

記事を読む

no image

良い結果は遅れてやってくる

今日はかなり重要な話をします。 良い結果は遅れてやってくるという話です。  

記事を読む

no image

売れるキーワードを探した途端、売れなくなる。

以前、通っていた某塾に戻りました。 その塾は売上が30万を超えると塾代が無料になるので

記事を読む

telepatia_telefonica

貧乏人とは付き合うな

このブログを読んでいるということは 恐らくあなたも成功したいんだと思います。  

記事を読む

mzl.odaperys.1024x1024-65

なぜ、私が精神論ばかり話すのか?

ここを読んでいる人は 「アフィリエイトの教科書」というくらいだから  

記事を読む

search_mushimegane

ライバルが誰もいなくて、こっそりと売れるキーワードの探し方

アフィリエイトにおけるキーワード選びというのは 非常に重要です。   ア

記事を読む

no image

ノウハウやマインドセットは”何”を聞くかより、”誰”から聞くかが大事

多くの人が勘違いしていることがあります。   実はテクニックにしても、

記事を読む

no image

どんな業種・業界が市場から退場しやすいのか?

勝ち組と負け組。地方と都市。広がる格差。この世は弱肉強食なり。日本における企業は99.7%が中小零細

記事を読む

postcard_big_09[1]

人から学んだスキルやテクニック、ノウハウでは絶対に稼げない

アフィリエイターというのは かなり勉強熱心だと思います。   土日もアフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

51GfjIB-zYL._SX338_BO1,204,203,200_
修身授業録 森信三、これ最高の人生指針書。

数えたことはないが、私は年間で100冊以上は本を読んでいると思う。その

no image
上位表示の仮説

今、とある仮説(思いつき)が浮かんでいる。これから私自身、その仮説を検

no image
上位表示するとどれほどアクセスが増えるの?

集客という手法の1つにアフィリエイトがあり、アフィリエイトの手法の1つ

hqdefault
パーソナライズ検索について知りたくて「Google ログインしてない パーソナライズ」で検索した結果。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず。」今日では戦略の箴言となっているが

no image
どんな業種・業界が市場から退場しやすいのか?

勝ち組と負け組。地方と都市。広がる格差。この世は弱肉強食なり。日本にお

→もっと見る

PAGE TOP ↑