【PPC】アフィリエイト案件選びで最も肝心なお金の話。

最近は「金・金・金」と金勘定が少しずつできるようになり
やっとPPCアフィリエイターらしくなってきたのかなと思います。笑

言い方を変えると、
普通の人が普通にできることが
やっとできるようになってきた。

ということですが・・。

今日はPPCアフィリエイト案件選びで最も重用な
お金の話をしたいと思います。

僕みたいなザル人間、どんぶり勘定人間、
売上至上主義者はCVR至上主義者にとって耳が痛いような話です。

しかしお金はガソリン、お金がなければ広告出稿できないので
絶対に避けてはいけません。

ここを避けて通ると、私のようにお金を吹き飛ばします。

 

・アフィリエイト報酬=アクセス×CVR×単価×承認率

まずはアフィリエイト報酬について。

売上=アクセス×CVR×単価という公式があります。
そしてアフィリエイト報酬というのはそこに承認率が加わります。

多くの人が単価を欲しがります。単価は非常に重用です。

しかしアフィリエイト報酬として支払われるのは
単価以外にもCVRと承認率という要素も絡んでいます。

わかりやすいように、ここで例題をだしますね。

とあるクリームが3つあったとします。

架空の商品ですが、

・シミきえ~るクリーム
・黒ずみトールクリーム
・シワキレい!仕分けしクリーム

 

まずシミきえ~るクリームですが、
定期購入なので単価はすごくでます。
それに広告主のLPもイケイケで
薬事法無視でビフォア出しまくり(笑)

なのでCVRも高めです。

しかし悲しいかな、多くの人が定期購入を辞めるんでしょうか。
承認率が低めの案件です。

 

■シミきえ~るクリーム

・100アクセス(今回は分かりやすいように100アクセスで固定)
・単価9,000円
・承認率50%
・CVR6.43%

100アクセスでCVR6.43%
ということは100人で6.43個売れるわけです。

=6.43個×9,000×承認率50%
=28,935円(100アクセスのアフィリエイト報酬)

 

次に黒ずみトールクリームです。

黒ずみトールも定期購入で、単価はシミきえ~るクリームと一緒と強気です。

しかし広告主のLPの出来栄えは普通でCVRはそこそこ。
ただ無茶を言って承認率100%保障をつけてもらうことができました。

 

■黒ずみトールクリーム

・100アクセス
・単価9,000円
・承認100%
・CVR3.215%

=100アクセス×CVR3.215%
=3.215個×9,000×承認率100%
=28,935(100アクセスのアフィリエイト報酬)

 

なんと承認率が高いとCVRがシミきえ~るクリームより高くなくても
実際のアフィリエイト報酬は一緒なんですね。

 

では続いてシワキレい!仕分けしクリームです。

仕分けしクリームは無料サンプルです。
なので単価は他の2つより圧倒的に低いですが
無料サンプルなのでCVR12.86%という驚異のCVRを叩き出してます。

さらには承認率100%保障までつけてもらえました。

 

■仕分けしクリーム

・100アクセス
・単価2,250円
・承認100%
・CVR12.86%

=100アクセス×CVR12.86%
=12.86個×2,250?承認率100%

=28,935(100アクセスのアフィリエイト報酬)

 

こちらも他の2つのクリームと一緒の
アフィリエイト報酬になりました。

つまり、単価”だけ”高いとか、CVR”だけ”高いからと
そこに目を眩んではいけないということです。

大事なのは総合力です。

つまり1番良い案件(アフィリエイト報酬が最大化するという意味)というのは、

単価も高くて、CVRも高くて、承認率も高いという案件です。

ここにサイトアフィリならアクセスの多さ(KWボリューム)、
YDNの場合は出稿のしやすさも考慮しなければいけません。

(´-`).。oO(そんな神みたいな案件あるのか?)

なので、(アクセスもあって)単価も高くて、CVRも高くて、承認率も高い

これは本当に理想です。

なので理想に近いところでいえば、

サイトアフィリの場合、Sランクジャンル(アクセス多い・単価高い・CVR高い・承認率高い)は

・車査定
・転職・求人
・金融系
・育毛剤?

多分ですが、この4つに絞られるのではないかと思います。

Aランクジャンル

・脱毛・エステ
・ウォーターサーバー
・出会い系
・旅行
・特定の健康食品
・アンチエイジング

なのかなーと。

とにかく単価も高くて、CVRも高くて、承認率も高い
そんな神みたいな案件を見つけたら、絶対に他の人には言ってはいけません!

秘密にしておきましょう!

 

最大のブラックボックス・承認率について

正直言います。承認率は広告主がいくらでも操作できます。

それもボタン1つで。

 

アフィリエイトの承認率ってどれくらい?広告主目線の承認作業を可能な範囲で公開するよ

上記の記事で見かけましたが、そこから引用させて頂くと・・

アフィリエイトの承認率は広告主は容易に操作できる

アフィリエイトを広告主の立場から動かしていて怖いな?と思うのが、広告主は簡単に承認率をコントロールできるという点です。

本当は承認なのに、否認にしちゃえ!ということがクリックひとつでできてしまいます。

そして、ASPもアフィリエイターさんも否認の理由をいちいち聞いてくることはあまりありません。(聞かれたら回答しますが。)

つまり、否認にしても別に確認もされないので、かなり広告主の都合によった意思決定ができるスキームであることは事実です。

広告主側が言ってるので説得力が違いますね。

さらに福岡でアフィリエイトをされている方の記事にはこう書いてあります。

理不尽なアフィリエイト非承認率を法廷で訴える方法を弁護士に聞いてきた

マンガで非常に読みやすいです。

要するに、承認率は広告主でいくらでも操作できますよってことです。

なのでASPもある意味では被害者です。

で、もっと言ってしまえば
CVしたか、しないかですら広告主が操作できます。

これはある案件をPPCでやっていて気づきました。
某街なんちゃら案件です。

rapture_20180309232726

成果の発生時間を見てると余りにも
規則性(時間の偏り)が見られました。

そこで私はこれは広告主が操作してると気づいたのです。

この案件に関しては他のアフィリエイターにも
CV数がある時期をさかいに激減していると確認をとったので
まず操作しているとみて間違いありません。

この広告主は2~3年前はものすごい神案件だったのですが、
今というか去年の6月時点では、悪魔のような案件になっていました。

このように広告主の手によって、いとも簡単に承認率はおろか
CVですら操作できるのです。

もはやブラックボックスでもなんでもありませんね。笑

それを知ったことでこちらとしては
何もできません。

何もできませんが、意思表示はしたほうがいいです。

つまり、言えってことです。

泣き寝入りだけは避けましょう。

ムカついたら、電凸しましょう。事務所にいきましょう。
直接交渉しましょう、ダメなら訴えましょう。

 

 

承認サイクルの裏話と注意点

さて、サイトアフィリと違って、
PPCの場合ですが、単価とCVRってすぐわかりますよね。

しかし承認のサイクル、これだけは広告主の都合なので読めません。

というのも、今現在やっている案件がありますが、
この案件1~3月の間で152件のCVがあります。

そのうち承認11件、
非承認9件、
保留がなんと全体の86.8%の132件です。

広告主の承認サイクルは
毎月20日に成果を〆て月末までに承認となっています。

しかし実際には、まだ1月前半の分まで
それも11件しか承認されていないわけです。

広告主によって承認サイクルは違うので
もしも最初から聞けるのであれば、
承認サイクルをちゃんと確認したほうが良いです。

しかしなんで広告主によってこうも承認サイクルが
違うのでしょうか?

疑問に思って担当者を通して、広告主に聞いてもらいました。
するとこのような回答が帰ってきました。

 

—————————————-
▼承認サイクル

基本的には、
【毎月20日に成果を〆て月末までに承認】

なぜ未承認が多いかというと、
「入金確認ができていないため」です。

成果地点が、「商品新規購入完了後、入金確認時」ですので、
今未承認で残っている成果としては、
「未入金の成果」ということになります。

購入後の入金に関しては、
30日間、とさせて頂いておりますが、
それ以降にも入金いただくこともあるため、
「購入後60日間」は見て頂けると幸いです。
—————————————-

ここで入金確認という言葉に引っかかり色々と調べてみました。

というのも、実は私、この商品を2018-01-23 17:30:53に
クレジットカード(マルイのエポスカード)で決済して購入しています。

カード会社によっては翌々月払いなんてところもありますが、
エポスカードは27日締め・翌月の27日払いなので2/27に支払い済みです。

rapture_20180309135319

アフィBの管理画面では・・・

rapture_20180309135306

もうこちらとしては支払い済みなのに、
入金確認とはいったいどういうことなのか?

なぜ確定されてないのかが疑問でした。

それで調べてみてわかったんですが、
広告主側の入金サイクルが関係していました。

この広告主の商品購入における決済手段は2通り。

・NP後払い
・クレジットカード決済

この2つですが、いずれにせよ代行会社が建て替えて
広告主に支払ってくれます。

クレジットカード決済の仕組み

※この図はカード会社だけですがNP後払いでも理屈は一緒です。

決済代行会社(カード会社やらNP後払い)→広告主の入金タイミングとなると、
売上から2カ月程度かかるのが一般的だそうです。

そのため広告主は

購入後の入金に関しては、
30日間、とさせて頂いておりますが、
それ以降にも入金いただくこともあるため、
「購入後60日間」は見て頂けると幸いです。

と言ったのだと思います。

購入後60日=売上から入金タイミングが2ヶ月で辻褄があいますね。

では、ここからが肝心なポイントですが、
私たちにアフィリエイト報酬が入るのはいつでしょうか?

ASPによって入金タイミングは違いますが、
アフィリBさんの場合は月末締めの翌月末払いです。

しかしA8さんだと、
月末締めの翌々月振込日払いとなります。

つまり今回の広告主のように、
決済会社から入金サイクルが2ヶ月で
それをもって承認している場合、

私たちアフィリエイターに
お金が入ってくるまで3ヶ月~4ヶ月後ということになります。

3月に売れたものが、6月~7月に入金となるのです。

その間、1円も入ってこないので、
こちらのキャッシュがなければ死にます。

これは気をつけてください。

でも何故か承認サイクルが早い広告主もいますよね?

これはなぜでしょうか?

推測ですが、以下の3つが考えられます。

①クレジットカード会社の承認が取れた日時
②早期入金オプションを使ってる
③その他の理由(承認基準が違う、キャッシュフローが潤沢にある、担当者がアフィリエイターに動いてもらいたいなど)

 

①クレジットカード会社の承認が取れた日時

通常、クレジットカード会社は100%保障で
お金を建て替えてくれますが、その入金となると2ヶ月後です。

広告主にとっては、「まぁ、まだ現金での入金はされてないけれど、
とりあえずカード代行会社から承認出たし(与信通ったし)
承認してやろう」って感じです。

 

②早期入金オプションを使ってる

カード代行会社にはキャッシュフローを早めるための
オプションとして、早期入金オプションなるものがあるそうです。

これを使うと、5日後とかにお金が入ってくるそうです。

 

③その他の理由

承認ポイントをどこに置くかによって違うそうです。

これは上記の方のブログで知りましたが、
その広告主は「商品がお客さんの手元に届いた時点で承認」としていました。

私が取り組んでいる案件は
承認ポイントが「入金が確認されてから」です。

他の理由として、

キャッシュフローが良いとか
資金が潤沢にある会社
ビジネスモデルが仕組み化されている会社
アフィリエイターに動いてもらいたいから
担当者のやる気などで承認サイクルが違う傾向にありそうです。

 

まとめ

金は大事。

とにかくアフィリエイターの立場は不利と理解すること。

単価だけが全てじゃない。CVRと承認率もみるべし。

そして神案件、神広告主を見つけるしかない。

神案件・神広告主も、時代やタイミングによって
悪魔に変わることもある。

一昔前は看護師求人が神案件だと思うけど今は違う。
今の神案件は不動産査定。(YDNのみの話)

ただ恐らく2~3年後あたり不動産が
神から悪魔になる・・気がする・・笑

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ