PPCでコンバージョンしない理由

YDNは結果が出てないので、
今は教えられる事はありませんが、

PPCなら100万ほどの結果を
出した事があるので教えられます。

今日はPPCでコンバージョンしない理由を
書こうと思います。

PPCをやっていて、中々コンバージョンしない
これは一体どういうことなんだろう・・

と思ったことはありませんか?

コンバージョンしない理由は大きく言って次の4つです。

・商品がクソ
・キーワードがクソ
↑この2つの要素でCVRの9割が決まる
—————————————–
・広告文がクソ
・順位が高すぎるor低すぎる

というかこの4つしかありません。

 

商品がクソだからCVしない

まずヤフーのリスティングというのは、
かなり特殊だと思って下さい。

Googleで売れる商材でも
ヤフーでは売れない事が多いです。

その逆はありません。

またフェイスブックなどのSNSで売れる商材も
ヤフーでは売れません。

なので誰かに「この商材、売れるよ」と教えてもらっても
実はGoogleだけで売れてたり、フェイスブックで売れてたりすることが多いです。

ヤフーの検索エンジンを使う人は恐らくですが
35歳以降の男女です。

あるいは会社のPCが古くて未だに
インターネットエクスプローラーを使い
ヤフーがトップページになっている人です。

ニュースはヤフーで見るけれど、
検索はGoogleという人が多いです。

多くの人はGoogleを使ってます。

例えるなら、遊園地に行こうと仮定したとき
マス(一般大衆)は、ディズニーランドか、USJに行きます。

このディズニーランドやUSJに行くような
一般大衆がGoogleユーザーです。

一方で、同じ遊園地でも知名度が低い
遊園地に行く層がヤフーユーザーです。

少し特殊なのです。

今から5年前か10年前なら話は違いました。
昔はGoogleが特殊な層で、ヤフーを一般大衆が使ってました。

しかし、今は逆です。

その特殊な層に受けいれられる商材でなければなりません。
ここが非常に重要です。

特殊な層に受け入れる商材でなければなりません。

これだと分かりにくいと思うので、
ヤフーを使う特殊な層に受け入れる商材探しの
とある簡単な目安があります。

それは楽天市場で売れている商材は
ヤフーでも売りやすいです。

楽天市場の層とヤフーの層の相性は抜群です。

楽天で売れてる商材なら、
ほぼほぼヤフーでも売れます。

キーワードがクソだからCVしない

次はキーワードです。

商品選びとキーワード選定で
ほぼ売上の8~9割が決まってしまいます。

キーワードは変にひねったりせず、
素直にいってください。

ライバルがある程度いたほうが良いです。

キーワードの考え方は、
こちらの記事を参考にして下さい。

ここには

「一般キーワード」
「ジャンルキーワード」
「商標キーワード」

とありますが、商標キーワードは使えないので、
次の3種類から選びましょう。

「一般キーワード」
「ジャンルキーワード」

ベルタ葉酸サプリを例にしてみます。

http://belta-shop.jp/user_data/folate.php

「一般キーワード」
葉酸、妊活、妊娠 葉酸、赤ちゃん 欲しい、

「ジャンルキーワード」
葉酸サプリ、授乳中サプリ、妊活サプリ

こういった感じです。

キーワードは、LPから拾いましょう。

広告文が糞だからCVしない

広告文は、狙ったキーワードで実際に検索してみて
他の広告主やライバルが訴求してない広告文をつくりましょう。

人気軸がいいのか、効果軸がいいのか、
時間軸が良いのか、品質軸が良いのか、売れてる軸が良いのか

どの軸の訴求方法が一番良いかはやってみないとわかりませんが、
クリック率が高い方がいいです。

クリック率が高いと品質スコアがあがり、
クリック単価が安くなるからです。

順位が高すぎるor低すぎる

最後は順位です。SEOの場合は1位がいいのですが、
広告の場合はそうではありません。

これもテストしないと最終的に何位が良いかは
断言できませんが、1位は無駄クリックが増えるため、
2位か3位が良いと言われてます。

でも、わかりません。実は1位の方が売れる可能性もあります。

もしかしたら低いほうが売れる可能性もあります。

なので、テストしないとわかりません。

大事なのは順位よりも、商品選びとキーワード選定です。

特に商品選びで間違えれば、キーワード選定も間違えるので
CVしないし、赤字が増えます。

とにかく、ヤフーという特殊な層に受け入れる商材を選び
かつ捻らず、ストレートなキーワードで攻めて下さい。

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ