近況、全部言っちゃうね。

お久しぶりです。

久しぶり過ぎて、どのように
日記を書いていけばいいか
分からなくなっています。笑

「マルモリさんは死んだんじゃないか?」
思われているかもしれませんが
無事、日々を一生懸命に生きてます。

このブログを読んでいる人は少ないと思いますが、
最近(ここ1~2年)の私の近況と、
振り返りをしてみたいと思います。

と言っても、少なからず興味があるのは
多分、私の直近の売上だと思います(笑)

「おかげさまで売上、月に1億達成しました!」

と言いたいところですが、
先月、ついに確定で100万を切ってしまいました。

この事実を言うのは非常に恥ずかしく
かなり迷ったのですが、

この体験を通じて非常に多くの
学びがあったので
全てを包み隠さず言おうと思います。

なぜ、売上が落ちたのか?
そしてどうすれば復活できるのか?

「全部言っちゃうね。」です。

 

ところでアンタ、今何してるの?

私は、現在サイトアフィリ(SEO)は
全くしていません。

そのかわり、PPCアフィリエイトをやっています。

PPCとは 「Pay Per Click」の略で
「クリック課金型」のことで
リスティング広告とも言われていますね。

なぜPPCアフィリをやっているかというと
昔から広告をやりたかったからです。

広告をやりたいと思ったキッカケは
神田昌典さんという方の本を読んでから
ずっと広告(DRM)に憧れがありました。

そのため資金をある程度、サイトアフィリで
作れたので、PPCアフィリをスタートしました。

 

PPCアフィリ1年目

最初はスポンサードサーチという
検索連動型広告から始めたのですが、
100万お金を突っ込んで、1万の売上という
情けない結果に終わりました。

3ヶ月ほど自己流でスタートしたのですが
最初は「検索で1位取れば誰だって稼げる」なんて
軽く見ていたのです。

しかし、やってみると全く違う。
1位をとれば稼げるわけじゃありません。

今から始めるにしても、スポンサードサーチは
1クリックあたりの単価が高騰しているため、
正しい知識がないと、大損するでしょう。

さて、損した理由ですが、
大きくいえば3つです。

1,成功体験に囚われすぎたから
2,広告のメリットを活かしきってないから
3,1つに集中してなかったから

 

1,成功体験に囚われすぎたから

まず、成功体験に囚われすぎたという
大きな理由があります。

これは過去にずらしキーワードで
大きく稼げてしまったために起きた問題です。

ずらしキーワードはSEOの場合は
ライバルが弱い場所、PPCでは1クリックあたりの単価が低い場所で勝負する

ということですが、ただライバルがいなきゃいいのか?

というと、それはごく表面的な話です。
本質はもっと別にあります。

そこで②に続くわけです。

 

2,広告のメリットを活かしきってないから

ズラシでやっても、まずアクセスが集まりません。

そもそもそんなことをするよりも
広告のメリット(お金で検索上位を買う)を
活かしたほうが良いのです。

 

3,1つに集中してなかったから

当初はSEOとPPCを両方やってましたが
1人だとどっちつかずの中途半端でした。

社員がいればまだ良いですが、
一人でやるには力の分散はよくありません。

そんなこんなで、失敗を重ねて
とある広告代理店の全6回、期間にして半年の
60万するセミナーを受けました。

ここで正しい運用方法などを学び
検索連動型広告でコツを得て、
ある程度の結果を出すことができました。

 

検索連動型広告のコツは一に商品力、二に商品力

結局、気づいたのは、
検索連動型のコツは「商品力」だということです。

いかに売れる商品を、
適当なキーワードで出稿するか?
そして運用していくかが大事です。

検索連動型広告において
商品力が8割で、運用は2割くらいです。

さて、特別に検索連動型広告で成功する
とっておきの秘密を教えますね。

ここを外すと絶対に上手くいかないというポイントです。

私が100万という損金を出し、何百万と使い、12ヶ月の期間を
投資してだした答えです。

きれい事じゃなく、実践の中で生み出した
知恵の結晶です。

グレーなやり方じゃなく、王道のやり方です。

このことを言ってる人は、他に誰もいません。
それをあなたに教えます。

検索連動型広告の成功の秘訣
それは・・ヤフー利用者層に対して、売れる商品を売るということです。

これだけは絶対に覚えて下さい。
ここを外すと、絶対に売れません。

では売れる商品とは何か?

ASPの人がオススメする商品が
売れるとは限りません。

また、SEOアフィリ(Google)で売れている商品が
ヤフー利用者層に対して売れる商品とは限りません。

ポイントは

1、ヤフーで検索しているユーザーに
2、売れる商品

でなければなりません。
ここが非常に大切なポイントです。

大事なので何度も言いますが、

ヤフーで検索する層に対して売れる商品であること。

このセンターピンを外すと絶対に上手くいきません。

SEOアフィリで売れる商品がヤフーユーザー層に
売れるとは限らない理由はここにもあるのです。

ヤフーで検索している人というのは
”特殊な人”です。

以前はGoogleで検索している人が
”特殊な人”でしたが、今やヤフーで検索している方が
特殊な人です。

その特殊な人に売れる商品でなければなりません。

これは私の見解ですが、
Googleで検索する人のほうが売れます。

理由は大衆だからです。

例えるなら、世の中の人々がテーマパークに
遊びに行くとしたらUSJとディズニーランドを選びます。

これが大衆であり、Googleユーザー層という意味で
ヤフーというのは、テーマパークに遊びに行くとして
USJやディズニーランドを選ばない層です。(※あくまでたとえです)

2015年のテーマパーク売上ランキングを見ると
ディズニーランドが1位で収入高は約3992億3400万円、
2位のUSJが約1385億7700万円で、この2つを足すと5378億1100万です。

テーマパーク全体154社の収入高合計は約8134億5000万円なので
USJとディズニーランドだけで約70%ほどの売上を占めていることになります。

つまり70%の大衆は、USJかTDLを選ぶのです。
そして大衆に売れる商品と、特殊な層に売れる商品は違います。

大事なのはヤフー利用者層に売れる商品でなければならないのです。

ここさえ外さなければ実は検索連動型広告は、
ものすごく簡単に売上を積み上げることができます。

私の場合、ゴールが見えると飽きてしまいます。

クリアすると分かりきっているゲームをやっていても
面白みがありません。

簡単だし、飽きたこともあり、検索連動型広告は辞めました。
そこでYDNをスタートしたのです。

 

2年目からはYDN広告をスタート

現在、YDN攻略のために必死こいてますが
これが非常に攻略しがいがあるゲームです。

さて、このYDNをやっている中で実は
結構うまくいっていた時期もあって150万くらい売上があがっていたのですが
広告主のLP変更で一気に売上がダウンして
4分の1以下になってしまいました。

さらに次々と、SEOサイトがパクられたり、ペナったり、
順位を落としたり、広告主のLP変更など
一見すると不運が続き、あれよあれよと売上が下がっていきました。

積み上げるのは時間がかかりますが、
崩れるときは早いものです。

これがここ3ヶ月で起きた出来事です。
ここで私は考えました。

こういう不幸なこと、ついてないと思うこと、
不運や災難に見舞われること・・

私の中でこれらの現象というのは
「神が私にこのままじゃダメだと気づかせようとしている」
という啓示だと捉えています。

つまり、今の私は天から見放されているということです。

天から見放されたがために、
運がなくなった(実際はあるけど一時的に離れている)のです。

いくら頑張っても上手くいかない・・
それは天から見放された、
(実際は今のままじゃダメだと気づかせようとしているという啓示)ということなのです。

だからといって
「あー俺は天から見放されたから終わりなんだ!」と悲観することありません。

なぜなら天が「今のままじゃダメだよ」と教えてくれようとしているからです。
つまり成長のキッカケを与えてくれているのです。

それが見える現象として(不運だとか、災難だとか、ツイてないこと)
起きているのです。

今の私はそのような状態にあると考えました。

SEOにしても、アルゴリズムの変動があってペナる人がいる反面、
そうじゃない人もいます。

またどう頑張っても正しいやり方をしているはずなのに
上位表示しないという人もいます。

それは、天から見放されている証拠なのですが、
これは別に信じてもらわなくて結構です。なぜなら私の価値観だからです。

私はそう思っているというだけの話です。

どう頑張っても、どう足掻こうとも、結果がでない・・
それは天から見放されているのだと気づきました。

では、どうして天から見放されたか?に
焦点を向けると、ようやく原因に気づくことができたのです。

それが「自分のことだけを考えていた」からです

つまり私は「売上をあげたい」ということだけを考えていました。
お客さんのことはなにも考えていなかったのです。

順番が違うのです。

「お客さんを救いたい、助けたい、何とかしたい」と相手のことを思う。
すると結果として売上が増えて、天が味方するのです。

しかし、「売上をあげたい、儲けたい」だから頑張るんだと
天が味方しないのです。

いっときは上手くいっても、私のようにいずれ上手くいかなくなる
それどころか、立て続けに不運が起きるのです。

つまり、アフィリエイトの秘訣は愛なのです。

愛とは相手の事を考えることであり、
愛という字は真ん中に心という文字があります。

真心を持って、相手の事を考えることが
上手くいき続ける秘訣なのだと気づいたのです。

それを教えるために、神は私の売上を下げてくれたのです。

本当は、愛があるから売上があがるのであって、
己の売上をあげたいと思う自己中心的な下心では
天も味方してくれません。

こちらの自己中心的な考え、つまり儲けたいというのは
下心であり、下に心という文字があって恋です。

「恋愛」という言葉は面白くて、「愛恋」とはいいません。

人間、誰だって自分が可愛いのです。

だから最初に自分という下心から始まります。
つまり恋をするのです。

たとえば、

男性なら、あのモデルが可愛いからヤリたいという下心。
女性なら、あのお医者さんと付き合うことで私のステータスもあがるという下心。

さらに恋が始まると、脳内では不思議なことがおきます。

脳内では様々なホルモンが発生します。
これはある種の麻薬と一緒で、ドキドキ感をうみます。

これは相手に恋しているようで、
その実、自分を気持ちよくさせている行為でもあるのです。

つまり、実は相手に恋をしているように思いますが、
相手に恋をしているんじゃなくて、
結局は自分に恋をしているのに過ぎないのです。

その証拠に、恋には必ず賞味期限があります。
あのドキドキ感も長くて5年です。

5年でその魔法は絶対に解けるのです。
恋から覚めると人はどうなるでしょう?

ここで3つに人は別れます。

1つは愛に進化を遂げる人、
2つは惰性で付き合う人、
3つは離れる人

恋(自分)から愛(相手)に進化する人
相手を思う心に変わり、究極の人間関係を手にします。

次に惰性で付き合う人もいます。
特に夫婦がこの関係にあたります。

もう夢から覚めているのですが、
実際には子供もいるし、一人じゃ生活できないとか
世間体を気にして離れられないのです。

3つ目は別れです

最近は離婚してもよくある価値観が広まり、
また女性も何とか暮らしていけるようになったがために
あっさりと離婚してしまうのです。

さて、長年、仲睦まじい夫婦でいられる
秘訣は愛する努力だとよく聞きます。

そう、相手を考えることは努力が必要なのです。

相手がこうなってくれたら良いなとか
相手が私の言うことを聞かないとかは愛ではありません。

ではなくて相手の幸せを思い自分に出来ることが愛なのです。
そのためには努力が必要なのですが・・
これは非常に商売と似ています。

実は商売も恋(自分)から始まるのです。
恋も最初はうまくいきます。

しかし数年経つと、急速に上手くいかなくなるのです。
それが試練のときです。

この時に、愛に進化できる人間は
努力できる限り、ずっと上手くいくことでしょう。

しかし、多くの人は諦めてしまいます。

本当は恋が終わり、愛に気づく試練なのですが、
それに気づかずに終わるのです。

愛すること。

これが今の私に不足していることでした。

もし何やっても上手くいかないなと思っている人がいるとすれば
愛することをやってみると上手くいくと私は信じてます。

愛とは、「儲けたい・ライバルに負けたくない」ではありません。
愛とは、助けた人の数なのです。

「ライバルすら救ってやるんだ」

このサイトに来た人を救ってやるんだという使命感です。

このサイトに来た人の悩みや不安を解消して
前向きにしてやるんだという思いです。

恋は一時的にはうまくいきますが
やがて上手くいかなくなります。

大事なのは愛です。
私はそれを忘れていました。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ