好きなことをやりながら、同時にお金を稼ぐためのたった1つのスキルとは?

自分のやりたいこと、と
世の中のニーズというものは
違います。

 

自分は絵がすごく好きで絵かきになりたいけど
すごく下手だった。

 

世の中の人はその絵を欲しがるかというと
ノーというでしょう。

 

やりたいことと、
それで生計を立てるということは
必ずしも一致しません。

 

多くの場合、やりたいことは趣味だったり
生きがいだったりして
昼は何か仕事やバイトをして
夜にその「やりたこと」の活動に勤しむ

 

といった感じでしょうか。

 

では逆に、やりたいことをやりながら
収入をあげられたらどんなに
素晴らしいことだとは思いませんか?

 

「そんなのは極限られた一部の人だけだ」

 

と思うかもしれません。

 

しかしあるスキルさえマスターすれば
やりたいことをやりながら
生計を立てられるのです。

 

そのスキルさえマスターしてしまえば
一生食いっぱぐれることはありません。

 

それは「ものを売る」という
大事なスキルです。

 

「ものを売る」と聞くと

 

「ワタシはそんなことしたくない」

 

とネガティブに捉える方もいらっしゃいます。

 

ものを売ることは悪なのか?

 

ものを売るという行為は悪なのでしょうか。

 

僕はそうは思いません。

 

なぜならものを売るとい本質は、
小さい頃から人間が
当たり前にやってきたことです。

 

例えば小さな子供がお母さんに
「お菓子が欲しいから買って」と
ねだるのも

 

ビジネスマンが
「この商品はいいものだから買ってください」と
説明するのも

 

就活生が
「僕はこういうところが御社の役にたちます」と
PRするのも

 

さしたる違いはありません。

 

どうしてかというと、ものを売るという本質は
「コミュニケーション」にあるからです。

 

好きなことをやりたいなら自分を売り込む必要がある

 

好きなことをやりたい
でもお金も欲しい
けど売れない
でも売り込むのは嫌だ
けど生活をしたい

 

という状態は

 

車のアクセルとブレーキを
同時に踏んでいるようなものです。

 

売れたいしそれで収入を得たい

 

けど

 

自分がやりたいことをやりたい

 

を、一緒にするからジレンマがおきて
フラストレーションがたまるのです。

 

認められなくてもいい
売れなくてもいい
誰からも知られなくてもいい
それでお金をもらえなくてもいい

 

のであれば

 

自分がやりたいことだけを貫いてください。

 

ただしその場合、
経済的な成功は諦めたほうがいでしょう。

 

成功のための図式は

 

「自分が熱中できることをやる」
「無報酬でもいいから続けられることを選ぶ」

 

必要があります。

 

しかし本当に自分がやりたいことをやっていれば
成功(ここでは経済的な成功)が収められるのでしょうか。

 

何も考えず、誰が見ても冴えない絵を
一生描いていても、その絵は誰も欲しくないですから
誰も買ってはくれません。

 

買ってくれないということはつまり
評価もされないわけなので存在していないのと
一緒です。

 

まるで生前のゴッホのように。

 

対照的にピカソは天才的な絵かきと同時に
熱心な営業マンでもありました。

 

ただ絵を自分が描きたいように
描いていただけではありません。

 

ピカソの絵を見れば分かりますが
どんどんと絵が変化していくのが
わかります。

 

人々が欲する絵を時代にあわせて
読み取って描くというのは
売るために必要な要素です。

 

売るスキルさえあれば好きなことをしながらお金を稼げる

 

何も絵に限った話じゃありません。

 

東京から大阪まで新幹線を使えば2時間35分でつきます。

 

しかし昔は東京から大阪まで
歩いていったり船でいったりしなくては
なりませんでした。

 

それこそ1週間くらいかけて
いったことでしょう。

 

あなたは歩いて東京から大阪まで行きますか?

 

この時代に歩いて東京から大阪まで行くような
人はいませんよね。

 

普通は「もっと早く行きたい」と思います。

 

このもっと早く行きたい

 

というのは人々が欲しがった結果です。

 

人が欲しいものを提供する=本人も他人も幸せ
人が欲しがらないのに提供する=他人も本人も不幸になる

 

「自分のやりたいことだけやるんだ!それで豊かになる」

 

というのはただの自己満足です。

 

やりたいことで成功して豊かになるためには、
人が欲しがるものを提供する必要があります。

 

中学校の旅行で先生が

 

「新幹線を使わずに大阪まで歩いていくぞー」

 

なんていったら誰もついてきません。

 

売るのは嫌だとか、抵抗があると言ってる人は

 

「俺がやりたいことだけやるから、お前ら俺に合わせてついてこい」

 

と言ってるようなもんです。

 

新幹線があるのに東京から大阪まで
わざわざ歩いていく人はいません。

 

自分がやりたいことは

 

新幹線に乗って快適に無事目的地につくことなのか
歩いて苦労して道に迷いながらいつつくかも分からないことなのか

 

どっちかを見極めるべきです。

 

売るスキルさえ磨けば新幹線にのったようなもの

 

ではどのようにして売るスキルを
身に付けることができるでしょうか。

 

売るスキルを効率よく短期間で
身に付けることが
できるのがアフィリエイトです。

 

>>アフィリエイトとは?

 

アフィリエイトは売るスキルを
効率よく学べることができます。

 

それも1円もかけずにできます。

 

対面販売が苦手でもできます。

 

インターネットでは
何らかの情報を探している人が
利用しています。

 

「あの商品が欲しいんだけどどうかしら」

 

そうやって店頭で即決できずに
インターネットで口コミやレビューなどを
探す人が大勢いるわけです。

 

その人達に適切な情報を
届けるだけでいいのです。

 

そこではじめて売るという
意味が分かります。

 

また売れたということは同時に
報酬が発生します。

 

やればやるほど売るスキルが
磨かれていきます。

 

やりたいことをやる下地作りとして
1年間だけ学ぶと期間を決めて
やってみるのがいでしょう。

 

一生続くわけではありません。

 

長い人生のたった1年間
売るというスキルをアフィリエイトで
集中して勉強してみてください。

 

僕がサポートします。

 

わからないことがアレばいつでも
メールをください。

 

さいごに

 

コックになりたい人は
いきなり料理を作れる
コックになれるわけじゃありません。

 

最初は嫌なことをやらなければいけません。

 

・皿洗い、仕込み、包丁の研ぎ方など
おおよそ料理とは遠いことをやらされます。

 

しかしそれをやりぬいたものだけが
一流のコックになれます。

 

あなたがやりたいことで豊かになるためには
最初はやりたくないようなことを
一生懸命やる必要があります。

 

それをやりぬいたものだけが
豊かで幸せな自分の人生を
生きることができるんです。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ