アフィリエイトで月に10万円も達成できない理由

もう、くどいくらい散々この話題を出しています。

 

「どうしてアフィリで月に10万も稼げないのか?」

 

手を変え品を変え、あの手この手でこの話をしています。

それは何故かと言うと、人によって現実が違うから。

 

⇒ 現実とは?

 

現実が違う人に対して、1通りの説明をしても

脳がスルーしてしまうからです。

 

例えば、「稼げないのはあなたが作業しないからですよ、ただそれだけ。」

といったところで

 

「なるほど」と納得する人もいれば

「いや、作業してるんですよ!」と思う人もいるわけです。

 

人間の数だけ、見える現実が違い、

表面化している悩みが違うから

あの手この手を使って似たような話をしています。

 

しかし、だいたい本質部分では同じことしか言ってません。

 

あなたが理解するまで手を変え品を変え

これからも同じような話をしていきます。

 

勉強すればいいと勘違いしている

 

稼げないアフィリエイターのほうが勉強熱心な気がします。

 

セミナーも一言も漏らさず、メモをして

それこそ真剣です。

 

しかし、勉強はいい加減やめて下さい。

勉強するという真の意味は、行動を変えることです。

 

セミナーへ行って「あぁいい話を聞いた」で終わらせたら意味がありません。

行動を変えるために勉強するのです。

 

稼げてない人ほど、勉強だけして終わりです。

もう勉強はやめて下さい。

 

それでセミナーに行ったら、たった1つでいいんです。

たった1つの行動を変えればいいんです。

 

あれもこれもと欲張らず、たった1個

「これをやる!」それを実行してください。

 

小手先のテクニックに頼り過ぎている

 

ツールを買えば・・

中古ドメインを買えば・・

SEOを知っていれば・・

あのテクニックを使えば・・

トレンドがいいらしいよ・・

 

稼げてない時期ほど、どうしてかこういうものに

頼りたくなります。

 

その気持は非常によくわかります。

 

しかしそんなものを使う前にやることは

いくらでもあります。

 

それは、あなたの耳と耳の間にあるものです。

つまり脳みそ使ってますか?ってことです。

 

あなたの脳みそはタダで使いたい放題です。

 

それを使わずして、何も考えず短絡的に

小手先のテクニックに頼っても所詮、

 

何も考えずに生まれた他力本願的な発想では

うまくいかないのです。

 

小手先のテクニックを否定するものではありませんが

これらが絶対になくてはならないものかといえば

そうではありません。

 

実際にはもっと以前から勝負は決まっているのです。

 

最近、小手先のテクニック論が広がりすぎて

頭がおかしいんじゃないかと思ってます。

 

小手先のテクニックで稼げるのは一時的だけです。

 

願望53%、戦略40%、戦術7%

 

ソフトバンクの孫正義さん。

 

この会社が成長するにあたって参考にした事業戦略が

「ランチェスターの法則」というものです。

 

※孫さんはそこからさらに手を加えて孫子の兵法を

融合させた独自の戦略を持ってます

 

ランチェスターの法則は、簡単にいえば

弱者(中小企業)の戦い方と強者(大企業)の戦い方は

違うんですよという話です。

 

アフィリエイターでも弱者と強者がいます。

 

弱者は後発組で、お金もない、経験もない

使えるリソースもない、外注もわからない

 

そんな人たちです。

 

一方で強者は、豊富な経験値、お金もある

使えるリソースも多い、外注やバイトもいる

 

そんな人たちですが、

前者と後者では戦い方が違うのです。

 

野球初めて1ヶ月の人がいきなり

メジャーリーガーに勝てますか?

同じ練習メニューでいいんですか?

 

違いますよね。

 

それで、ランチェスターの法則についての本は

下手な情報商材を1つ買うよりも、

このたぐいの本を10冊買って読み込んだほうが

いいと思うんですが

 

ランチェスターの第一人者は竹田陽一先生というお方。

そのお方がこのようにいってます。

 

願望53%、戦略40%、戦術7%

 

会社の存続を大きく決定するうえで大事なのは

願望が半分の53%、次に戦略が40%

最後に戦術が7%です。

 

「会社だったら関係ないじゃないか!」

と思わないでくださいね。

 

アフィリエイターも立派な個人事業主ですよ。

個人事業主ということは1つの会社です。

 

アフィリエイトで短期的に稼ぐのは

意外と簡単なんですよ。

 

たまたま、当たったとか、

たまたま、運良く稼いで1000万みたいな人って

本当にいるんです。

 

でも、短期的な1000万よりも

 

狙って長期的に5年、10年と

100万を継続させる方が凄いんです。

 

「狙って」という部分が大事ですよ。

 

さて、先ほどの願望・戦略・戦術の中で

特に注目してい欲しいのが、「願望」で半分が決まってしまっていること。

 

これは例えるなら、あなたが船でアメリカに行きたいと思います。

大昔にタイムスリップしたとしましょう。

 

その時に、アメリカまで行くのに船でいくのは

並大抵の努力と苦労がつきまといます。

 

それでも「行く!」と腹をくくるこの覚悟です。

 

どうしてもアメリカに行かなければならない使命感だとか

ヴィジョンだとか、やたらと経営者の方ってそういうのを大事にしますが

これはある意味筋が通っているんです。

 

なぜなら、その覚悟がなければ、途中で挫折してしまいます。

 

アフィリでも「お小遣いが稼げたらいいな」とか

「なんとなく月に5万でも増えればいいな」とか

そのくらいの意思なら、辛くて辞めたくなります。

 

今は簡単にアメリカにいけますが、飛行機もない大昔なら

そうはいきません。

 

途中で嵐に巻き込まれたり、海賊に襲われたり、

疫病が流行ったり、そういったリスクを侵してまで

「絶対にアメリカに行く」と決めるんです。

 

でもここで、「なんかアメリカに行くと儲かるみたいだから」とか

適当な決心でいったらどうなりますか?

 

途中で困難がやってきても、それを乗り越えられないんですよ。

なんでかというと、決心が弱いから。

 

この決心があるかないかで、50%の半分が決まっちゃう。

あとは、戦略ですね。

 

アメリカに行く。

 

じゃあどういうルートでどのように、何を持って、

そのための人員は何人いて、途中で考えられるリスクは何で

そのための対処法は…

 

などのアメリカに行くために何をすればいいか?

などですね。

 

これが戦略。もしかしたら船で行くのは非効率だ。

では、違う何かを作ろうと思えるかも知れません。

 

大体が、この2つで93%決まります。

 

どうしてもそこに行くための願望

そしてそのためにどうすればいいか?の戦略

 

ここで9割が決まります。

 

最後に、戦術です。

これがいわゆる小手先のテクニックです。

 

ずらし、PPC、SEO、アドセンス

ブログアフィリ、トレンドアフィリ、ユーチューブ

NAVER まとめ、フェイスブックやTwitter

メルマガ、コピーライティング・・

 

何でもいいんですが、こういった小手先のテクニック。

これがたったの7%。

 

そして情報商材やセミナーではこの7%の部分しか話してくれない

そりゃ成功するわけないよね。

 

だって7%しか成功の要素のウェイトがないんだから。

その7%を必死に研究したって意味がそんなにないんです。

 

大事なのは、アナタ自身の器、つまり願望です。

願望が半分です。そして戦略が4割。

 

月に10万稼ぐことは簡単

月に10万稼ぐのはマジで簡単なんです。

 

このキーワードで10万稼げたよとか

この商品で上位表示したら売れるよっていうのを

素直にそのままやりゃあいいだけなんです。

 

それなのにヤラない。

あるいはやたっとしても中途半端。

 

じゃなくて、もうそれこそ死ぬ気で真剣に必死でやるんです。

 

絶対に上位表示させる。絶対に10万稼ぐ。

その理由が願望です。

 

願望だとか、ヴィジョンだとか、目的だとか夢だとかいうと

大げさですが、大げさじゃなくてもいいんです。

 

男の人なら絶対に10万稼いで風俗に行きたいでもいいし

10万稼いで、車の部品や欲しいもの買いたいでもいいし

10万稼いで、バックかうとか高級エステいくとか

 

そこれそ誰それさんを見返したいでもいいし、

認められたいでもいいし

 

自分の欲に素直になったらいいんです。

 

こういうと「欲がないんです」とかいう人がいます。

欲がないなら他人の欲を叶えりゃいいんじゃないですか?

 

そうすればそれがあなたの欲になるから。

 

いいですか。

 

アフィリで稼げないのはノウハウが悪いとか

誰々が悪いとかそんな低レベルな話じゃないですよ。

 

そういった小手先のテクニックに頼る

あなた自身に問題があるんですよ。

 

あなたの器が大きくなればお金は勝手についてきます。

あなたの願望、欲望を叶えるためにアフィリはあるんです。

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ