アフィリエイトにおける最大のリスクとは?

アフィリエイトにおける、最大のリスクというのがあります。

 

実は多くの方がこのリスクに関して、あまりにも無知で

無自覚だということに気づいてないのです。

 

幸いにも私は、このアフィリエイトにおける

最大のリスクを知っていたので、

それを回避することができています。

 

今日はアフィリエイトにおける

最大のリスクとは何か?

 

そして稼ぐという本当の資産について

書いていこうと思います。

 

報酬が0になることが本当のリスク?

実生活をする上で報酬が0になることは

リスクといえばリスクです。

 

確かに報酬が0になれば困ります。

しかし、私はそれを本当のリスクだと思っていません。

 

何故なら、たとえ明日、報酬が0になったとしても

再び稼ぐ力を持っていれば、どんなにドン底に陥っても

再起できるからです。

 

アメリカの不動産王といわれる

ドナルド・トランプさん。

 

その資産額は何千億とか、今や何兆だとか言われています。

 

その大富豪であった彼でさえ、

サブプライムローンのあおりで倒産し

一時は破産したのです。

 

しかし、今では再起してさらに多くの資産を

築くようになっています。

 

これは、私たちアフィリエイターでいえば

googleにサイトを飛ばされてしまい報酬が0になったと

同じことです。

 

サイトはよく不動産(資産)に例えられます。

 

同じようにドナルド・トランプさんは

不動産ビジネスでお金を儲けていました。

 

それがサブプライムローンのあおりを喰らって

0になったと。

 

私たちで言えばgoogleがサイトを飛ばしたということですが

つまり何が言いたいかというと

 

外部要因というのは本当の資産ではないということです。

 

外部要因とは何か?

外部要因というのは、「自分の力ではコントロールできないもの」です。

 

サイトを飛ばすgoogleさんをコントロールしようと思っても

私たちにはどうすることもできません。

 

それで、多くのアフィリエイターはこの

外部要因に頼りすぎているのです。

 

実はそれが最大のリスクだということを知らずに。

 

何故、外部要因に頼ることが最大のリスクになるか?

例えばTwitterだけでアフィリエイトをしている人がいます。

 

それはTwitterという場所(外部要因)がなければ

アフィリエイト出来ないわけですね。

 

ではもしTwitter側が「アカウントを削除」したり

「もうTwitterでアフィリエイトはやらせない」としたらどうなるでしょうか?

 

進撃のアフィリエイターさんという方の呟きより画像を引用していますが

 

rapture_20150715161704

 

既にTwitter側が公式にアフィリエイトをやらないで欲しいと

禁止してきたのです。

 

じゃあ、ここでTwitterアフィリで稼いでいて

Twitterアフィリしかノウハウがない人はどうなるでしょうか?

 

つまり、突然、報酬が0になったという状態です。

 

もしTwitterアフィリで資産となるような経験を積むことを

していなければ、また1から違うことをするしかありません。

 

資産となるような経験を積むことと書きましたが

この考え方は非常に大事なので後でまた詳しく書きます。

 

もし、明日googleのアルゴリズムを全て変わったとしたら?

私は個人的な考え方として、

「調子が良い時ほど悲観的に、調子が悪い時ほど楽観的に」と

考えています。

 

現在は調子が良いと言えるのでその時ほど

今以上に作業をして、今以上に勉強をする時期だと考え

反対に調子が良くない、悪い時は楽観的に考えています。

 

その1つが「もしも、明日googleがアルゴリズムを全て変えたら」というものです。

今までのSEO手法が全く通じなくなるわけです。

 

あるいは、検索エンジン(googleやYahoo!)からの

アクセス流入が少なくなり、アプリやバイラルメディアなどが

主流に変わったらということを考えています。

 

そうなった時に、自分はどうするのだろうか?

ということを考えています。

 

そんなことはあり得ないかも知れないですが

絶対ないとは言い切れません。

 

もしも、ASPが商標アフィリを禁止したら?

商標アフィリというのは、ある意味、とても美味しい

アフィリエイトです。

 

売れる商品を右から左に流すようにすればいいので

これほど楽でいいアフィリはありません。

 

もちろん商標アフィリは初心者向けなので

否定することはありませんが、ただもしも明日ASPが

「商標アフィリは一切禁止ですよ」としたら?

 

実際にPPC広告を使ったアフィリでは既に

商標アフィリは禁止されていますが

SEOでも商標アフィリを嫌がる広告主も少しずつ増えています。

 

■サイトタイトルやドメインに商標名を使用しない

rapture_20150715163717

 

■ドメインに商標を使用しているサイトは提携NG

rapture_20150715163655

 

■商標キーワードで集客している人は単価を下げます

rapture_20150715163559

 

■商標名で検索順位をあげないで

rapture_20150715164039
このような広告主が増えているのも事実です。

もしASPで商標キーワードは一切禁止しますよとなった時どうするか?

 

外部要因だけに頼っていると、”本当の稼ぐ力”は身につかない

SEO、PPC、Twitter、youtube、アドセンス…

 

こういった外部要因に頼ったアフィリばかりをやっていれば

本当の稼ぐ力が身につきません。

 

当然「今、稼げるならそれもあり!」と言う人も

中にはいると思いますし、最もな意見だと思います。

 

今、稼げることをやる。これは非常に正しい考え方です。

日銭を稼ぐのは確かに大切です。

 

これは何もアフィリエイターに限らず

起業する多くの人がそのような考え方をして、

「今、○○が流行っているから」という理由で商売を始めます。

 

最初の何年間はすっごくうまくいくんです。

時流に乗って、イケイケになり「それが永遠に続くと思い」

六本木ヒルズに住んでしまうかもしれません。

 

こんなデータがあります。

 

10年以上存続できる会社はたったの6.3%

あなたは企業生存率というのをご存知ですか?

 

法人設立後3年で企業の35%が倒産または解散などで消えるそうです。 法人設立後5年ではなんと85%が消え、 10年以上存続できる会社は、なんとたったの6.3%にすぎません。 余談ですが、20年続く会社は、0.3% 1000社に3社である。

 

企業を作り、

 

設立5年で約85%の企業が廃業・倒産し、
設立10年以上存続出来る企業は6.3%。
設立20年続く会社は0.3%。
設立30年続く会社は、0.025% しかいないという統計が出ています。

 

長い目で見たとき、生き残り続ける力と

短い目で見たとき、単発的に稼ぐ力というのは

どうやら違うようだという事がわかります。

 

「アフィリで1年で1億稼いでリタイヤ!」というなら

それでいいのかも知れませんが

 

その1億でさえ、現在の貨幣制度が変わったり

日本が破産すれば0になってしまいます。

 

生き残り続ける力を養うためには?

 

それは、外部要因だけに頼るのを辞めることです。

ただ全てを切るわけではありません。

 

一切の外部要因(SEOやPPCなど)に

頼ってはいけないという意味ではありません。

 

先ほど、資産となるような経験と書きました。

 

例えばTwitterの例で言えば、

Twitterでアフィリすることの中で

 

ものすごい、人を集めるカリスマユーチューバーや

カリスマブロガーのようにカリスマみたいな存在になれたら

それはものすごい財産です。

 

しかし「手っ取り早くお金が欲しいから」という理由で

ツールやボットに頼っていて現金だけを得ることは

本当の資産ではありません。

私が考える本当の資産

 

私が考える本当の資産というのは紹介します。

現時点での考えなので、今後増えるかもしれないし

違ったと思って減るかもしれません。

 

現時点での考えです。

 

1,コストを下げる力

2,マネージメント能力

3,コミュニケーション(セールス・コピーライティング)スキル

4,マーケティングスキル

5,ターゲティングスキル

 

 

特に、個人でアフィリエイトにとりかかるなら

3,4,5が大事だと考えています。

 

コミュニケーションスキル

マーケティングスキル

ターゲティングスキル

 

この3つです。

 

例えば人を集める力があったとしても

セールスする力がなければ売れません。

 

ターゲティングできなければ

売れる商品でさえも売れなくなります。

 

いくらターゲティングもセールスがスゴくても

人が来ないと物は売れません。

 

実は、この3つをも超越した最強のスキルというのがあります。

それは、ブランド力なのです。

 

つまり、看板(ネーム)です。

 

例えば、ルイヴィトンのバックってありますよね。

 

ルイヴィトンのバックを作っているデザイナーさんが

独立してバックを作ったそうです。

 

当然、これまで売れるバックを作ってきたデザイナーさんは

自信満々に作ったバックを売りにいきました。

 

ところが、1つも売れないんです。

 

ルイヴィトンをデザインした人が作ったバックが

「ルイヴィトン」っていうブランドを捨てた瞬間に

全く売れなくなったのです。

 

他にもアイドルでA○B48っていますよね。

そのセンターの人が独立した。そしたらどうでしょう。

 

露出が以前より少なくなり、ファンが減りました。

それもブランド力なのです。

 

例えば私は、斎藤一人さんの大ファンですが、

 

斎藤一人さんが「ツイてるというんだよ」と言うのと

そのお弟子さんが「ツイてるというんだよ」と言うのでは

 

私は、斎藤一人さんのいうことを信じてしまいますし

斎藤一人さんも弟子が出した本には「斎藤一人の」って

名前をつけないと売れないと言ってます。

 

ブランド力、あなたはこのブランド力さえ持てば

コピーライティングもSEOもターゲティングも何もいらない。

 

あなたの名前がお金に変わるのです。

 

ブランド力をつけるためにはどうすればよいか?

 

ではブランド力をつけるためには

どうすればよいでしょうか。

 

それはもの凄くシンプルです。

 

ブランド力をつける方法…

 

指が疲れたのでまたいつか書きます。

チャオ!

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ