最初から勝てない勝負はやらない ― 初心者がやりがちなKW選定。

初心者の方が結構やりがちなことがあります。

それは勝てない場所(キーワード)で勝負をしてしまうこと。

 

これこそが儲からない最大の原因なのです。

 

「勝てない勝負は最初からやるべきではない。」

ということについてお話します。

 

売れると分かっている商品

あなたは上位表示さえできれば確実に売れると分かっている

商品があったとしたらどうしますか?

 

おそらく多くの人が飛びついて、それをやることでしょう。

 

私もその1人でした。

 

売れるジャンルである脱毛サロン

 

高単価である脱毛サロン「ミュゼ」を何も考えず選び

適当にミュゼと地域名でサイトをつくりSEOを頑張ってました。

 

しかしです!

 

一向に上位表示されない!商標の場合は最低でも1ページ。

できれば1ページ目の3位以内が理想です。

 

私の作っていたミュゼ 地域名のサイトはどんなに頑張っても

3ページ目しか食い込めません。

 

ライバルが強すぎる

売れると分かっている商品の場合、ライバルがあまりにも

強すぎる傾向にあります。

 

強すぎるというのは、SEOレベルが高いということです。

では、どのようにしてSEOレベルを判断するんでしょうか?

 

それはマジェスティックSEOというサイトを見て判断しています。

 

www.majesticseo.com

 

例えば、「yahoo」で調べてキャプチャを取りました。

 

yahoo

 

サイトエクスプローラ 結果のすぐ下にある白窓にヤフーのURLを貼り付けて

虫眼鏡のようなボタンをクリックすることでヤフーさんが

どんな場所からどのくらいリンクを貰っているかわかります。

 

この時、見て欲しいのが、トラストフローとサイテーションフローという数字です。

 

・トラストフローはサイトの信頼度。

・サイテーションフローはリンクの流れ。

 

だった気がします(笑)

 

この時に、トラストフローとサイテーションフローの数字が

高ければ高いほど、評価が高いサイトということです。

 

ヤフーさんの場合、トラストフロー、サイテーションフローともに80くらいですね。

そして、被リンクされている本数が、1800万本という恐ろしい数字です。

 

次に、「Google」さんで調べてみましょう。

 

google

 

googleさんの場合、トラストフロー、サイテーションフローともに55あたりです。

被リンク数がおよそ200万本です。

 

次に中川翔子さんのアメーバブログを調べてみました。

shouko

 

被リンク本数26,513本に、トラスト、サイテーションフローともに50近くあります。

 

今まで、見てきた中で

google、Yahoo!、しょこたん☆ぶろぐ・・とかなり

高い数字であり、そしてそれだけの被リンク本数がついてました。

 

さて、ここからが驚きます。

 

キチガイアフィリエイターのSEOスキル

dafs

 

「ミュゼ+地域名」で上位表示されているとあるサイトを

キャプチャでとりましたが(※このサイトは、ミュゼ+地域名で2位です。)

 

このサイト、たったのリンク本数30本

トラストフロー、サイテーションフローが36と31です。

 

通常、このトラストフローとサイテーションフローが

10超えるのも難しく、20超えたら良いドメインで、30以上はキチガイです。

 

しょこたんブログでさえ2万本のリンクが入ってやっと50くらいです。

 

こんなキチガイアフィリエイターだらけのキーワードで

サイトを作っていっては、戦う前から負けが見えています。

 

ですから、必ずサイトを作る前に、ライバルがいない、弱そうな

キーワードを狙ってサイトを作って下さい。

 

自信がある人は、稼げる場所でも良いと思いますが

ただ最初からそこを狙いに行くのは愚の骨頂。

 

最初から勝てない勝負をする人は、勇敢とは言いません。

私から言わせると、タダの馬鹿です。

 

勝てる勝負だけをする。これが儲ける秘密です。

 

 

 

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ