SEOサイトを作るとき、あなたはヒット型か、ホームラン型か?

あなたは野球は好きですか?

 

私は、佐々木大魔神がいた頃の横浜ベイスターズが好きでした(笑)

あ、今はDeNAというんでしょうか。

 

今の野球は、全く分かりません。

 

野球でも色々な選手がいますね。

 

盗塁がすごい選手、バントがすごい選手、ホームランヒッターなど…

この野球ってアフィリにおいてもすごく似ています。

 

SEOサイトを作るとき、大きく分けると

2パターンの人がいることがわかります。

 

野球で言うと、コツコツとヒットを積み重ねる「イチロー」選手タイプか

ホームランを打つ「王貞治」選手なのか?

 

この2つの稼ぎ方というのかな。

そういうのがあります。

 

ホームランタイプのバッターは

狙うところは一発当てたらでかい、

 

いわゆる商標やカテゴリーキーワードと

言われる場所です。

 

サイトを上位表示させることができれば

その1本は強力…つまり大きく売れるということです。

 

聞いた話ですが、とあるキャッシングの商標で

1位と2位だと売上が100万円単位で違うそうです。

 

対して、私はイチロー選手のようにコツコツとヒットを

狙っていく感じです。

 

1サイトでものすごく大きく稼いでいるわけではなくて

全体のサイトを通してコツコツとヒットを飛ばすように

チラホラと売り上げていく感じです。

 

小さなヒットが多いので、1サイトが大きくドカンと

稼いでいるわけではありません。

 

あなたがどチラのタイプかを見極めるのが実は非常に重要

実は最初、私はホームランを狙いにばかり言ってました。

 

「ミュゼ」や「脱毛+○○」など

大きなキーワード、カテゴリーキーワードばかり

狙っていたんです。

 

とある酵素サプリメントの商標で1位をとったことがあって、

報酬単価1000円ですが、それでも1ヶ月で10~15万前後稼がせて頂きました。

 

その旨味を忘れることができず、どうしても

大きなキーワードで攻めていたんですが

 

どうもやっていくうちに「これは自分には合わないな」

「稼げるかもしれないけどリスクが高い」ということに気づいたのです。

 

何故なら、「ホームラン」を狙うが故に

体力勝負になってしまい、疲弊していくからです。

 

ホームランバッターと言われる人の中には

ドーピングをする選手がいます。

 

それはやはりホームランを打つためには必要以上の力が

必要だからだと思います。

 

しかし、コツコツとヒットやバントを積み重ねていく選手には

力ではないので、ドーピングは必要ありません。

 

だからこそ選手生命も長く、地道に積み重ねることができます。

 

これはアフィリでも一緒で、ホームランを狙うが故に

被リンクというドーピングを積み重ねすぎた結果、

バーンアウト(飛ぶリスク)が非常に高まるわけです。

 

飛ぶリスクが高まるとどうなるか?

 

それが忘れもしない2014年の1/31日。

 

私はメイン選手でホームランバッターでもあり

稼ぎ頭の1サイトをドーピングしまくったら

飛んでしまって、翌日から、報酬が一気に0円になった…

 

なんてことが実はありました。

 

稼いでいる人はきっとこう思うでしょう。

 

「また上げ直せばいいさ」「飛ぶの前提だから」

 

それはそうでしょう。

ですが、当時の私はそう思えませんでした。

 

何故なら借金まみれで、バイトなどもせず、

アフィリだけにかけてやってきた。

 

そこにアフィリの報酬が消えたのです。

稼いでいる人みたいに、余裕なんてなかったのです。

 

また、3~6ヶ月かけて、必死にホームランを狙うために

被リンクをあてるかと思ったら落胆しました。

 

本当は、そんな事を言ってられる余裕なんかないのです。

 

「飛ぶのが前提だから」というのは

ウチの社員が過労でぶっ倒れるのが前提だからと

言っているようなもんです。

 

しかし当時の私はどうしようもありませんでした。

 

だから再び、同じようなやり方をして

ホームランを狙いにいきました。

 

2/1~頑張って、5月くらいには

15万を稼ぐくらいになりました。

 

その時は、1サイトに頼らず、ある程度

複数サイトでそこそこホームランを飛ばせる選手たちを

作っていました。

 

やっと彼らが成長してきて

ホームランも打てるようになった矢先、大事件が起きたのです。

 

6/31日、全サイトペナルティ…

また私は報酬が一気に0円になりました。

 

二度同じことを繰り返して、また同じことを

繰り返すのは単なるバカですよ。

 

私は絶望しました。自分の馬鹿さ加減に。

そして、やり方を変えました。

 

ヒットを打てる選手の育成を目指すようにしたのです。

 

今までと違って、ホームランじゃなくて

そこそこのヒットに戦い方を変えました。

 

当然、今までのリンクを繰り返しあてる

作業と違って、今までとは全く違ったアプローチを模索したので

最初は実態のないものをつかむ思いでした。

 

SEO以外で、色々なやり方を模索しました。

 

最初の1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…

私は毎日、必死に作業しました。

 

しかし3ヶ月間、死に物狂いでやって報酬は10000円も

いきませんでした。

 

時給にして、10円いったのか?笑

 

本当に、上手く行きませんでした。

 

何度もアフィリを辞めようと思いました。

人に会うのが恥ずかしかったです。

 

転機が訪れた!

アフィリも諦めかけていた私に転機が訪れました。

 

それが今の私の手法である「俯瞰キーワード選定」の

アフィリエイト方法だったのです。

 

この方法は「ライバルがいないブルーオーシャン」で

戦うといった方法です。

 

ホームランのようにドカンと当てるのではなくて

ヒットをコツコツと狙うやり方だと思っています。

 

俯瞰キーワードも最初は全然、上手く行きませんでした。

 

何しろ、この方法こそ、今までのアフィリエイトと勝手が

全く違ったのです。

 

私はそこで初めて「パソコンの画面の向こうにいる人」について

考えることができました。

 

パソコンの画面の向こうにいる人が

何を欲していて、何を求めているか…

 

そればかりを追求していきました。

 

最初はブログでやっていましたが、

2015/1月よりサイトアフィリエイトに切り替えて

 

1ヶ月目、10万くらい…

2ヶ月目、20万くらい…

3ヶ月目、35万…

4ヶ月目、100万越え…

 

と恐ろしい勢いで伸びました。

大勢の人が右に行ったけど、私は左に行った!

あなたは、アッシュの同調実験(集団の同調)って知ってますか?

 

アッシュの同調実験(集団の同調)とは、心理学でいう認知バイアスですが

これはどういうことかというと、例えば10人いたとして、その人に問題を出します。

 

「11×11とはなんでしょうか?」

 

答えは121ですが、もしここで周りの9人、全員が例えば「123」と

答えると、もう一人の人は「121」と知っていても何故かつられて

「123」と答えてしまうのです。

 

まぁ簡単にいえば、流されやすいということです。

より具体的には下記の動画を見てみると理解が深まると思います。

 

 

この動画から分かる通り、人は他人に

しかも集団的な意見に流されやすいのです。

 

私も最初はSEOという慣れ親しんだことから

脱却するのは恐ろしかったです。

 

「やって結果がでなかったらどうしよう…」

 

しかしそれこそが、アッシュの同調実験と一緒だったのです。

 

「ゆでカエル」の恐怖

ビジネスではおなじみですが、あなたは「ゆでガエル」のお話をご存知でしょうか。

 

カエルを熱湯に入れようとすると、当然のごとくびっくりしてすぐに飛び出します。

しかし、これが水の中にカエルを入れてその状態から沸かしていくと、カエルは温度の変化に気づかず、

やがて気がついた時にはそのお湯から抜け出せなくなっていて最後は茹であがって死んでしまう

 

という現象にひっかけ、ビジネスなどでは

その場でずっとぬるま湯の中に浸っているといつの間にか致命的な状態に陥ってしまう

という比喩的な話です。

 

例えばこんな状態をいいます。

 

「ずっと、このやり方で儲けてきたから」

「今のままでそこそこイケてるから、別に何も変える必要はないよ」

「今までと違った方法はリスクが高いよ」

 

です。

 

まさに思考停止のゆでガエル状態。

 

自分が熱湯に入れられているのが気づいてないのと一緒です。

気づいた時には終わっているんです。

 

普通、真っ当なことをやっていれば、

売上というのは伸びるはずです。

 

しかし私みたいに何故か2回も大きなペナルティを

喰らうというのは何かがオカシイから喰らうのだと思います。

 

イエス・キリストだって、「誰かにとって都合が悪かったら」

処刑されるはずがありません。

 

イエス・キリストの場合は、ユダヤ人でしたが…

 

つまりペナルティを喰らうということは

「誰か」にとって都合が悪いんです。

 

私はそこで目が冷めました。

この状態はいつまでも続かない。

 

「今のうちにこの鍋からでなければ…いつかゆだって死んでしまう」

 

「初期SEO5本」で3日後には3位に

私はズラしと、SEOを混ぜて

完全にオリジナルの手法を完成させました。

 

初期SEO5本で、多くのサイトが3日後には1ページに来るのです。

だから稼ぐスピードが圧倒的に早い。

 

そして過剰なSEOをする必要がないので安定性がある。

 

どんな場所を狙うのか?

例えば、ウォーターサーバーを狙おうと思います。

 

一般的でいえば、「商標」「ウォーターサーバー+○○」「水宅配+○○」

などが思いつきますね。

 

まぁ、ホームランを狙っていくのもいいでしょう。

ここでズラしを使います。

 

ウォーターサーバーは赤ちゃんや子供など、
水への安心を求める人たちが求めますね。

 

「水道水 飲む 安全」

 

こういったキーワードでサイトを作っています。

 

とりあえず見て比べて見てください。

 

「水道水 飲む 安全」 → ライバル0!

ウォーターサーバー 安い」 → ライバルだらけ!

宅配水 比較」 → ライバルだらけ!

 

ウォーターサーバー 安いなどで

作ってしまえば、1ページには10サイトまでなので

ほとんど10個でキーワードは枯渇します。

 

しかし、一度、俯瞰キーワードを身につけてしまえば

一生、「稼げるキーワードが…」などと悩んだり

「SEOが…」と悩んだり、「サイトが飛ぶ」恐怖を味わうことは

ないのです。

 

だって、ライバルが少ないんだから。最低限のSEOだけ

かけておけば、ずーっと上位をキープできます。

 

アルゴリズムに怯える必要もないです。

 

明日、SEOの基準が変わるかもしれない。

 

そんな日々に怯えるってのはつまらないですよね。

この俯瞰キーワードスキルこそが、本当の資産です。

 

資産というのは増え続けていくものです。

 

googleさんの都合によって報酬が0になるものは

資産と言えません。

 

本当の資産とは「永遠に伸び続けるスキル」のことです。

明日、googleの都合によって変わるものではありません。

 

ホームラン狙いはドーピングバカに任せておけ

ホームラン狙いはドーピングバカに任せておいて

私たちは、素早く、最小限の労力と手間だけで

こっそりと稼いでいけばよいでしょう(笑)

 

何も、頑張る必要はないんです。

 

太く短くよりも、細く長く、コツコツとヒットを積み重ねていけば

誰もが辿りつけない場所にたどり着くことができます。

 

大事なのはゆでガエルになってしまう前に

永久に使えるスキルを磨くことです。

 

ちなみに、私が勉強した商材はコレです。

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ