wwwありとwwwなしを統一するhtaccessの書き方【ロリポップ】

ロリポップにて、wwwありとwwwなしを統一する

htaccessの書き方をご紹介します。

 

手順は単純です。

 

1,3行程度の式をメモ帳に書き、htaccess.txt形式で保存する

2,それを対象のドメインにアップする

3,htaccess.txtを、.htaccessにリネームして終了

 

 

1,3行程度の式をメモ帳に書き、htaccess.txt形式で保存する

まずはじめに、WWWありか、WWWなしかの式を

メモ帳に書き、htaccess.txtとして保存します。

 

www「有り」にしたい場合

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.net
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.net/$1 [R=301,L]

 

example.netをあなたのドメインに書き換えて下さい。

 


 

例えば、http://google.co.jp/をhttp://www.google.co.jp/にしたい場合

 

http://google.co.jp/

google.co.jpが「example.net」に該当しますので

 

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^google.co.jp
RewriteRule ^(.*)$ http://www.google.co.jp/$1 [R=301,L]

 

という感じになります。


 

www「なし」にしたい場合

先ほどと逆をやればOKです。

 

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.net
RewriteRule ^(.*)$ http://example.net/$1 [R=301,L]

 

↑上記の3行をメモ帳にそのまんまコピーして

example.netをあなたのドメインに置き換えて下さい。


 

例えば、http://www.bing.com/をhttp://bing.comにしたい場合

 

bing.comが「example.net」に該当しますので

 

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.bing.com
RewriteRule ^(.*)$ http://bing.com/$1 [R=301,L]

 

となります。


 

2,それを対象のドメインにアップする

そのまんま、対象の独自ドメインに先ほどのテキストをぶち込みます。

FFFTTPソフトが必要です。

 

ない場合は、ロリポップの場合、WEBツール→ロリポップFTPからアップします。

アップ時点では、メモ帳のテキスト形式で構いません。

 

3,htaccess.txtを、.htaccessにリネームして終了

FFFTPソフト上で、テキストファイルのリネームをします。

 

htaccess.txtファイルでF2ボタンあるいは、

右クリックして名前の変更を押すとファイルリネームできます。

 

それを、「htaccess.txt」(htaccessドットテキスト)から

「.htaccess」(ドットhtaccess)にする必要があります。

 

ここで「.htaccess」htaccessの前にドットを消してしまうと

上手く動作しないので、ドットhtaccess、「.」を忘れずにhtaccessの前に

入れましょう。

 

以上です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ