できないの壁の壊し方

今日はできないの壁という話をします。

 

人から何か聞いて、素直に出来る人と

出来ない人がいます。

 

私も少しながら、色々と人に教えるようになってきて

わかったのですが、できない人を観察してみると、

すっごく面白い事がわかるんです。

 

できない人

 

あなたは、どこかで「できないこと」を

都合よくしてませんか?

 

どこかで、できないことを正当化してませんか?

 

できない人ってのは、本当はやればできるんです。

何故かと言うと、実際にやってみたらできるからです。

 

だから、本当は出来ない事なんてないんです。

 

それなのに、何故か「自分はできない」んだと

思い込んでいるんです。

 

それは何故かと言うと、「できない」方が実は都合がいいからなんです。

 

できないと、誰かがかまってくれる。

できないと、誰かが教えてくれる。

 

本当はできるのに、無意識で「できない」でいた方が

都合がいいと思っているんです。

 

だから何時までたっても出来ない。

教えても出来ない。

 

出来ないの壁を壊す方法

出来ないの壁を壊す方法は簡単なんです。

それは真剣になるってことなんです。

 

真剣になる。

 

同じ1時間でも真剣に集中して、作業する1時間と

ダラーっと何となく聞く1時間とは偉い違いなんです。

 

この真剣さを利用すれば本当に稼げるようになるんです。

何故なら、真剣だから。

 

でも、本当に多くの人が真剣になれないんです。

なんか適当にやればいいかなって感じで作業します。

 

それで、どうして真剣になれないかというと

あなたが真剣になれない環境があるからです。

 

例えば、部活動。

 

部活動というのは、1年の時は入ったばかりで

下手くそだから、あまり気にせず伸び伸びとできるんです。

 

でもこれが2年になって後輩ができると

その後輩に「先輩、下手くそですね」と言われないよう

真剣に練習をやりだすんです。

 

中には、内申点をあげるため仕方なくダラダラと

部活動をやっていた人もいるかも知れませんが、

大抵の場合、下に舐められないように真剣になるんです。

 

真剣になった時、さらに大きな奇跡が起こるんです。

 

例えば後輩に「先輩、このやり方はこうであってますか?」と

聞かれた時に「わっかんな~い」とか「適当でいいよ」とか

言っていたら、下はあなたについてこないんです。

 

それこそどうしたら相手に伝わるか、うまく説明できるか

真剣になるから、なにか教わる時も真剣になって知識をどん底に

吸収するんです。

 

ただ、大人になればなるほど、そういう環境はなくなるから

真剣さってのは失われるんです。

 

でも、ここでちょっと考えて欲しいんですが、

真剣になった時、あなたは勉強でも部活でも

ものすごい集中してやったと思うんです。

 

先生が「ここテストに必ず出すからな」といった時に

天邪鬼でもない限り、100%それを記憶するんです。

 

脳は真剣になった時、それができるんです。

 

真剣になったとき、知識の付き方も、スキルも、

全て違ってくるんです。

 

そのためには、真剣にならないとダメなんです。

片手間で、副業で、鼻くそほじりながら、1日1時間1記事書いて30万なんて

幻想はあり得ないんです。

 

実は私、地図(地理)を覚えるのがすごい苦手でした。

とにかく、よく迷子になるくらい、地理が頭に入ってこないんです。

 

そして、その記憶があるから、地理は不得意だから

覚えられないんだといって避けてきたんです。

 

でもある時、仕事で地理を覚えなきゃ行けない時がきたんです。

 

その仕事は人の入れ替わりが激しかったから、下の人がドンドン抜けて

気づけば自分が先輩という立場になっていました。

 

そうすると、新人が入ってきた時、地理を覚えてないと

迷子になってしまいます。

 

仕事中に迷子になったら、これは迷惑ですから

真剣になって覚えようとしました。

 

「地理は分からない」といっては

いられなくなったので真剣になって覚えようとした時

人ってのはいくら苦手意識があったとしても、覚えられるんですね。

 

でも、実を言うと、新人が入ってきたから真剣になれたんですが

まだ私が新人だった時は、積極的に仕事や地理を覚えようとかはありませんでした。

 

よく言う、ダメ社員ですね(笑)

何となく先輩の話を聞いて、分かったふりをしていました。

 

でも実際、自分がいざやる、いざ下に教えるとなった時に

知らないことが山ほどあったことに気づいたんです。

 

それはいいんですが、それまで自分は地理が分からない

地図は覚えることが苦手だと思ってたけど、

いざやってみればできるんです。

 

人間てのは大抵何でもやってみればできるんですね。

でもそれまでは、「出来ない」って思ってたんですよ。

 

だから、出来ないの壁を壊すのは、あなたが真剣になれる環境が必要なんです。

 

アフィリエイトってのは孤独な作業だから

真剣にやる環境がすごく少ないんです。

 

それで、真剣にやる環境を作るには

仲間づくりが絶対に必要なんです。

 

上から何か話を聞いたら、すぐその仲間にそれを話す。

教えていけば、自分も相手も得になるんです。

 

ちょっとでもいいから、真剣になって人の話を聞く。

真剣になってこの記事を読んで見てください。

 

何となく、テレビを見ながら、お菓子を食べながら

鼻くそをほじりながらといったながら作業じゃなくて

 

真剣にこのページだけを読んでみれば

意味が分かると思います。

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ