稼ぎたいなら、無の力を極めなさい

2015-02-23_154912

とあるペラサイトにキャッシングのリンクを貼って

16日ほどたちました。

 

なんと、たったの16日間で

激戦区と言われるキャッシング(モビット)で5件も取れています。

 

これは3日に1回のペースでキャッシングに

申込む人がいるのですが、私のサイトは視点をズラして

作っているので一人勝ち状態です。

 

実はこのサイト。

 

以前7年ほどアフィリエイトをやっている

ベテランのスーパーアフィリエイターの方に

見せましたが「フン」といって鼻で笑われました。

 

「こんなキーワードで取れる訳がないよ」と。

 

しかし実際は、月に100万以上稼ぐアフィリエイターが

鼻で笑い、見向きもしないようキーワードでも

およそ3日に一度のペースで取れているのです。

 

知らない人も多いかと思いますが

キャッシング系はアフィリエイトを長年やっている

ベテランだらけの激戦区です。

 

キャッシング 即日

キャッシング 発行

キャッシング 無審査

 

リンク先を見れば分かりますが、

ドワーっとアフィリエイターサイトだらけです。

 

こんな激戦区で戦っていては資本勝負になってしまいます。

 

私のサイトはこのような単純で誰もが思いつき、

キーワードツールやサジェストを使えば

出てくるようなそんな簡単なキーワードではありません。

 

今ここでそのサイトを公開したいところですが

ライバルが増えるので辞めておきます(笑)

 

ただせっかくなので、今日は稼ぐ方法を教えておきます。

それは無の力を極めるというものです。

 

ちなみに、私もこの無の力を鍛えたおかげで

キャッシングという激戦区であっても

ライバル不在のブルーオーシャンでラクラクと稼ぎ

 

ライバルたちが汗水垂らして労働している中、

私のサイトはgoogleの順位変動にびくともせず

一人勝ちを続けています。

 

無の力を極めるとは?

実は多くの人はお金を持っているから

この無の力を極めるということをやっていません。

 

この無の力を持っている人は

たとえ、今借金まみれで破産したとしても

必ず元に復帰していきます。

 

例えば、不動産王のドナルド・トランプさん。

 

億万長者で資産家でもあるドナルド・トランプさんは過去に

破産して大きな借金を背負いました。

 

ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、男性、1946年6月14日-)は、アメリカ合衆国の実業家、作家。資産額20億ドル(約1,668億円)[2]の大富豪としても知られる。あだ名はThe Donald。日本では一般的に、金儲けに関する本の著者、あるいは後述するような不動産王、もしくはサブプライムローンのあおりで倒産した経験のある人間として一部で認知されている。

 

ただ彼は、立ち上がり再び大きな資産を手に入れているのですが

ドナルド・トランプさんの本を読めば分かりますが彼が言ったことで

 

「私が再び不動産の世界にカムバックできたのは、無から有を生み出せたからだ」

と言ってます。

 

無というのは何もない状態ですね。

そこから何かを生み出すのは有です。

 

でも、ちょっと待って下さい。

普通、不動産と聞くと、何億も莫大なお金を持っていないと

いけないかと思いがちです。

 

しかし彼は一度破産して借金まみれになっているのです。

そしてドナルド・トランプさんはそこから舞い戻ってより大きな資産を手に入れた。

 

彼の本当の成功のおかげはこの無から有を生み出す力が

あったからだと言ってます。

 

無から有を生み出せないと

無から有を生み出す力さえあれば、例えあなたが明日

借金を背負い、破産したとしても、再び立ち上がることができるのです。

 

しかし、無から有を生み出す力を持ってなく

たまたま時代の流れで成功してしまった人。

 

彼らは、一度成功したことを良いことに調子こき

高級な車を買い、高級なマンションに住み、パーティーなどに出て

この世の春を謳歌します。

 

情報起業家でも沢山いますね。一度出てきて消えてしまう人。

そう言う人がお金をもっても失うだけです。

 

そして同じ成功を手に入れることができないのです。

何故なら、無から有を生み出す力がないから。

 

では無から有を生み出す力とは何ですか?ということですが

無料でできることをやり尽くすのです。

 

無から有を生み出す意味

無から有を生み出すというのは

タダでできることをやり尽くすということですが

 

例えば商売でいうと

売上をあげるアイディアを出すときに

1円もお金を使わないということです。

 

ここでツール買おうかなとか

情報商材買おうかなとか

サーバーやドメイン買おうかなとかじゃなくて

 

今あるもので、1円も使わずに、

無料でできることで、売上を上げるための

アイディアを出し尽くすのです。

 

例えば、サーバーを借りなくても

ドメインを買わなくても無料でホームページなんて

忍者サーバーやFC2ホームページなどいくらでも作れます。

 

アクセスが来ないなら無料でできるアクセス対策を

色々と施します。

 

1円もかけずに、無料で売上をあげるための

アイディアを出し尽くすのです。

 

これができるようになってきたら初めて

1万円だけ使うのです。

 

そうすると1万円だけ使えるとなると

またそれでできることが色々とあります。

 

1万円を2万円にして2万円を10万円にして

10万円を30万円にしてとなるのですが

 

まずは0から1を作るために

無料でできることを考えて全て実行します。

 

昨日、久しぶりにテレビを見ていたのですが

天草航空という鹿児島?の空港会社があるそうなんですが

一時期、倒産の危機にあったそうです。

 

それが今、再起してすごい人気で全国から

予約が殺到していて蘇ったと特集されていました。

 

その天草航空を救ったのは、ものすごい意外なことでした。

 

倒産寸前の天草航空がしたことは

 

テレビCMを打ったとか雑誌に広告を掲載したとか、

何か景品を作ったとか、お金がかかることではありません。

 

それは、添乗員の女性のかたが大手にはできないサービスを

考えて、どうしたら天草航空らしいかを実行したのです。

 

例えば、添乗員の方が「私のストッキングに穴が空いてますが気にしないで下さい」と言ってみたり

「お弁当に嫌いな素材があれば、私たちはお昼抜きなので下さい」と言ってみたり

「私はデブなのでミニスカートははけません」と言ってみたり

 

とにかくお客さんを笑わせる、楽しませることだけを考えて実行したのです。

 

「ストッキングに穴が空いてます」

なんて言うのには、お金、1円もかかりませんよね?

 

でも乗客はそれを聞いて爆笑。

 

「なに?この変な添乗員さんは?」となるじゃないですか。

そうすると、今度それを家族や友達とか近所の人に言いたくなるんですよ。

 

「あの航空会社の誰々さんが面白くて~」なんて

話題になります。

 

それを聞くと「私も行ってみたい!」となるのが人情です。

そうすると下手にCM打つよりも、効果的なんですよ。

 

「そんな芸人さんみたいな添乗員さんがいる飛行機に私もぜひ乗ってみたい」

 

これ、分かりますか?

 

その添乗員さんは1円もかけずに

お客さんのハートをわし掴みしたんです。

 

何でもお金を出すのは簡単なんですよ。

でも知恵を出すのは難しい。

 

だからこそやる価値があるんです。

 

もう無駄な情報商材を買ったり、

変なことをしなくていいんです。

 

あなたに足りないのは、無料でできる無の力をつけることです。

その後に、段々とお金を使うのです。

 

多くの人は順番が逆です。

 

まず、無の力を極めて下さい。

 

無の力を極めれば、あなたはどんな貧乏でも

破産しても借金まみれでも再び立ち上げることができるのです。

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ