弱者のアフィリエイト戦略について【100回読みシリーズ】

はい、いつも不思議な話ばかりなので、

今回はまともな話をしますよ。

 

アフィリエイトの戦略という部分です。

 

この戦略を意識してサイトを運営している人は

あまりいないのではないかと思ってお話します。

 

特に、稼いでいるアフィリエイターさんから

話を聞くと、知ってか知らずかは別として、

全員この戦略に当てはまりサイトを作っていることがわかります。

 

サイトアフィリエイトにおいての肝となる部分なので

このことを抑えて置かなければなりません。

 

それが弱者のアフィリエイト戦略です。

 

アフィリエイトのある致命的な欠点

 

私たちサイトアフィリエイターにとって

とある、3つの致命的とも言える弱点があるのですが

それをご存知ですか?

 

アフィリエイトとは、仲介業です。

 

買いたい人 ← 私たちたち(アフィリエイター) → 広告主(ASP)

 

それで仲介業の致命的な弱点というのは

常に新規顧客を開拓する必要があり、リピート性が低いビジネスモデル。

そして参入障壁が極端に低い、ということなんです。

 

例えば仲介業で代表的なのは、

マンションなどを仲介する賃貸不動産屋さん。

 

賃貸不動産屋さんは部屋を借りたい人と

貸したい人を繋げる役割がありますね。

 

ある日、Aくんが大学のため上京してきました。

その時に、Aくんは一人暮らしをするので

アパマンにいき、部屋を色々と見て周り決めたとします。

 

そうすると少なくとも2年間、A君はその賃貸不動産屋さんと

縁がなくなるわけです。

 

ということは、一度契約をすれば大きなお金が入りますが

ただ継続あるビジネスモデルではないということです。

 

例えばこれが、ドッグフードや化粧品、サプリメントなど

何度もリピートがかかる商売であれば話は別です。

 

ですが、不動産のように基本的に何度もリピートするような

商売ではない場合、新規顧客を常に開拓しなければなりません。

 

また不動産屋は比較的簡単に始めることができます。

 

私たちサイトアフィリエイターも

 

・参入障壁が低い

・新規顧客を開拓する必要がある

・リピート性が低い

 

のです。

 

それはASPの報酬画面をみれば理解することができます。

どういうことかというと、いくつか例をあげます。

 


広告主    アプロス株式会社
プログラム名 するっと落ちるのにつっぱらない!W洗顔不要の【洗顔バーム】
成果報酬 初回購入1500円


広告主    株式会社LuNerL
プログラム名 常識を超えた美容液!蜂の子配合美容液【ビュールハニードロップ】
成果報酬 初回購入2750円


広告主    ビューティートレンドファクトリー
プログラム名  バストアップサプリ【ピーチアップ】
成果報酬 初回購入5500円


 

※これらは全てA8ネットというプログラムにあります。

 

大体どの広告主も成果報酬が初回購入であることが

条件ということがわかります。

 

つまり、初めてその商品を買った人だけ成果(報酬)を与えますよ。

ということで、逆を言えばこれが2回目の人、3回目の人がリピートして

あなたのサイトから買った場合、広告主が承認してくれません。

 

つまり初回以外のリピーター客が買ったとしたら

私たちには、その報酬は貰えないということです。

 

ここから大事なポイント。よく聞いてくださいね。

 

新規顧客(新しいお客さん)にかかる販売コストは

既存顧客(もうその商品を買っている)にかかる販売コストの5倍程度と言われています。

 

よく考えて下さいね。5倍のコストですよ?

 

ということは、新規顧客を1人連れてくるのに

既存客に何か売るのでは5倍ものお金、労力が必要なんですね。

 

逆を言えば一度新規顧客を捕まえておけば、

それから何かを売るのは比較的、簡単なんです。

 

でも私たちは広告主や売主じゃないからそれができない。

 

企業はお客さんのLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を

計算して、私たちアフィリエイターに損が出ないような価格を設定しているのです。

 

LTVとは・・Life Time Valueの略で、日本語では「顧客生涯価値」のこと。ある顧客が生涯を通じてどのくらい利益に貢献するかを算出したもの。なお本当の生涯(死ぬまで)で はなく、取引期間を指すので、顧客が解約したりブランドスイッチするまでの期間に得られる価値を意味している。

 

企業にとって、私たちアフィリエイターは

常に新規顧客を開拓する、リスク0の営業マンをリクルートできる訳であり

よくその商品を売ってくれる優秀な営業マンには多少お金を出しても

囲っていたいのです。

 

普通にサラリーマンとして営業マンを雇ったとしたら

その営業マンが売っても売らなくても、給料は貰えます。

 

しかし、私たちアフィリエイターはその商品が売れて

初めて報酬が出るわけだから、企業にとっては本当にリスク0で

営業マンを雇えるのと一緒なんです。

 

サラリーマンは保証あります。でも私たちには何の

保証もない、常に5倍のコストがかかる新規顧客を開拓する必要がある。

だからそこを自覚して、覚悟してやらないと、いけないわけです。

 

えらく話は脱線しましたが、この3つが仲介業の一番の

デメリットでもあるのです。

 

・新規顧客を常に開拓する必要がある

・継続的に売れないため、リピート性がない

・参入障壁が低い

 

分かりますか?

 

私たちは、常に新規顧客を開拓する必要があり

基本的にサイトアフィリエイターはリピート性がない

商売なんです。

 

そして誰もがパソコン1台あればできる。

 

「じゃあ、絶望的じゃないですか!」という人がいますが

リアルビジネスとただ1つ違うことがあります。

 

それはネットビジネスはキーワードによって、

すぐにその商品を手に入れたいお客さんや

潜在的な見込み客を探すことができるのです。

 

これが、不動産屋のようなリアル店舗だと

この地域で商売を始めたものの

そもそもこの地域は、引越してくる人がいなくて住む人がいなかった…

 

「じゃあ、違う場所で商売をやろうか。」

なんてことがおいそれと簡単に出来ないわけです。

 

だけど、アフィリエイトの場合は

その商品を手に入れたい人にダイレクトに

訴求できるのです。

 

リアルだとそう簡単に行きません。

 

まず、その商品を手に入れたい人を

体当たりで探す必要がある(=飛び込みやテレアポ、チラシ)

 

次に、その中から話しを聞いてくれた人、

興味のある人や会社に伺います。

 

それから、その人達の納屋にやニーズを掘り起こすのと

信頼関係を結ぶために何度も何度も通いやっと売れる。

 

しかし私たちアフィリエイターは

すでに欲しい人が自らキーワード検索して

探しに来てくれるわけです。

 

つまり、「この商品、売って欲しいんだけど」といって

向こう(お客さん側)から、「売ってください」と来ている訳なので

売って欲しいんですって人に対して売るのは簡単ですよね。

 

その時に大事になってくるのが、

お客さんが「この商品売って下さい」と向こうから来た。

 

しかしその商品を取り扱っているのは

アナタだけじゃないんです。

 

他のアフィリエイターだって同じように

その商品を取り扱っているんです。

 

だからお客さんは、どのアフィリエイターから

買っても自由なんです。

何故なら、ものは一緒だから。

 

つまりこういうことです。

 

お客さんが「○○」が欲しくて「○○」と検索した。

 

何か言葉を入れて検索してみれば分かりますが、

1ページ目には基本的に10個までのサイトが表示されます。

 

> Yahoo!と検索してみると・・

 

ではその時に1ページ目に例えば、1~10番まで全員が

「その商品はここにありまっせー!」と手をあげたら

どうでしょうか。

 

熾烈な戦いですよね。お客さんはどこから買っても一緒ですから。

あなたのところに来る確率は、10分の1になる。

 

でもこれが、1ページ目にあなた以外に、1人も

「その商品はここにありまっせー!」という人が

いなければどうなりますか?

 

それはもうあなたの所で買う以外、道はないですから

先程よりも断トツに売りやすくなりますね。

 

はい、これが第一法則。

「ライバルの少ない市場で戦う」です。

 

弱者の戦略1「ライバルの少ない市場で戦う」

頭に叩き込んで下さい。

ライバルの少ない市場で戦う。

これが第一の戦略です。

 

特にあなたが経験値が浅くてまだまだ

アフィリエイトで本当に稼げるのかよ?

 

という状態。

 

そのときに、ライバルだらけの市場(キーワード)で

戦ってはいけないんです。

 

狩りだってそうですよ。

もしあなたが大昔の時代にタイムスリップしたとして

狩りの経験値がない場合・・

 

いきなり人間に牙を向く獰猛な動物を獲物を狩る地域に行くよりも

まずは、自分より弱そうな、ウサギとか草食小動物が沢山いる地域を狙いますよね。

 

それが、いきなり狩りもしたことがないのに

「俺はウサギの肉は何か少なくて嫌だから、じゃあライオンでも狩りに行くか」

といって何の知識も武器も持たずにノコノコノコと出かけて行ったら

恐らく逆に狩られてしまいますよね。

 

それと一緒で、経験豊富でライオンのような

アフィリエイターが沢山いるところで戦ってはいけないんです。

それをやるには借り方を覚えてからです。

 

だからまず初めに、ライバルの少ない市場で戦う

これを頭に叩き込んで下さい。

 

で、あなたが「じゃあ、よし。ライオンは辞めよう」と

思ったとして、今度はウサギさんを狩ろうとします。

 

でもウサギさんは襲ってこないけど、その代わり

案外、素早しっこくて、1人じゃ思ったように狩ることができない。

 

そうこうして餓死してしまう。

 

なんてことがならないように、

あなたがやることは次の2つ。

 

  1. 狩る武器の性能を上げる
  2. 狩る人を増やす

 

どっちかだけなんです。

 

原始時代には、石斧とか石槍しかないとは思いますが

もし仮に、あり得ませんよ…あり得ませんが、散弾銃を手にしたら

いくらウサギが素早いとしても、

石槍で狩るよりも簡単に狩ることが想像できます。

 

そして、次は狩る人を増やす。

 

ウサギが1匹に対して狩る人を

100人とか連れてきた場合も、1人で狩るよりも

断然捕らえやすくなります。

 

はい、これが第二の戦略。

 

もしあなたが沢山の報酬を得たいと思ったら

 

  1. サイト(営業マン)のを高めるか、
  2. サイト(営業マン)のを増やす

 

このどっちかしか方法はありません。

 

サイトの質というのは、成約率だったり

上位表示をさせたり、相手が参入するのを辞めようと思うくらい

ページボリュームがあったりすることです。

 

ただ1つしかサイトがない場合は、

いくらそのサイトをいじくりまわしても

1つからしか報酬が発生しないので

限界が知れています。

 

そのためサイトの量を最初は増やすことを

オススメします。

 

こういうと「量産ですか?」と怪訝な顔をする人がいますが

これ、よく言われる、量と質、どっちが大事なのよ?という話です。

 

ある人は質とも言いますし、

ある人は量とも言います。

 

これ一体どっちが正しいかといえば、

実はどっちも正しいんです。

 

ただ、いきなり質を高めることはできない。

だから最初は量ありきなんですね。

 

ちょっとだけ難しく説明します。

ここからは忘れても構いません。

 

例えば、A軍には6人の戦士がいたとして

B軍に3人の戦士がいたとする。

 

これら全員の武器性能は全く一緒で、戦士の量だけが違うとします。

それで、お互いが接近戦で戦争した場合のどっちが

どのくらい生き残るかというと…ちょっと難しい数式があって

 

Ao-At=E(Bo-Bt) 6-At=1(3-0) 6-At=3 At=6-3

At=3

 

つまりA軍が3人生き残り、B軍は武器性能が一緒なら

どうやっても全滅は免れないと言う訳です。

 

ここでいう武器性能が質にあたり、戦士の数が量にあたります。

 

では、逆に3人しかいないB軍が

6人もいるA軍を全滅させるにはどうすればいいかというと

 

B軍が1名だけ生き残り、A軍を全滅させるという「ギリギリB軍勝利」で計算してみると
6-0=E(3-1) 6=Ex2 E=6÷2 E=3
つまりE=武器性能比は3となり、B軍はA軍の武器より「3倍の性能を持った武器」で戦わなくてはならないとなります。

 

これはあくまでも戦争の話なんですが

アフィリエイトの場合は、いきなり質をあげるのは

難しいんです。

 

質というのは個人の能力だからです。

 

体操だって、フュギュアスケートだって

いきなり空中4回転とかが

できる訳じゃなくて練習して練習して、

やっと出来るわけです。

 

てことは、人間の性能というのは、

徐々にあがってきます。

 

ということで、第二の戦略は、単純にサイトの数を増やそう!てことです。

 

で、次の戦略ですが、ここまで書くのに2時間かかって

ちょっと疲れたのでまた今度にします。

 

チャオ!

 

 

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ