【日記】最近の出来事とか

今日は作業記録ではなくてただの日記です。最近はろくに作業してません。売上壊滅状態なのに、作業することなく、ただひたすら本を読んでます。書評を書かないのはお許し下さいw

そんな日常ですが、最近は大きな出会いが4つほどありました。

1つはアド系の人たちに会ったこと。
1つはクローズドのASPに登録したこと。
1つはインフォプレナーの動画との出会い。
1つは様々な本との出会い。

前者2つは直接的な人との出会い、後者2つは間接的な人との出会いです。

 

アド系の人たちに会ったこと

まずTwitterを通してアド系の人たちに出会いました。2年くらいは誰にもあわずにいたので、久しぶりに同業の方に出会いました。

その方々は8桁(確定)が当たり前の世界の人たちでした。本当に良い刺激を貰いました。このままじゃいけないという危機感を貰いました。

ありがとうございます。

 

クローズドのASPに登録した

次にその方の紹介で超クローズドのASPに登録しました。対面しなければ登録できないASPです。人によってはASP選び=収入といっても過言ではありませんね。

なぜなら、単価交渉はASPがやってくれるからです。それに担当者によっては稼げる案件・キーワードなんかも教えてくれます。

ということは、その時点で情報格差ができてるようなもんですよね。

 

インフォプレナーの動画との出会い

あるインフォプレナーが海外に住んで節税しようという動画を見ました。個人的に色々と思うところはありますが、この動画を見て強く稼ぎたいという思いが強くなりました。この動画もいい意味で刺激をもらいました。

(´-`).。oO(実際の作業に結びついてないんですが…それは…)

 

様々な本との出会い

様々な本といってもビジネス書です。ビジネス書でも人工知能・読解力の鍛え方・戦略・戦術・広告・LP・コピーライティング・計画・仕事の基礎などなど前より多種多様なジャンルの本を読んでます。

それで痛感することは、自分は何も知らないということを知るということです。本当に無知というか、勉強してこなかったツケが回ってきたなーという感じです。

でも何で本を読んで知識をつけるのでしょうか。それを説明するには頭を使うというのはどういうことかを考える必要があります。

頭を使うということはどういうことか?

それは既存の知識を使って、自分が求める適切な答えを引き出す行為であると考えています。

例えば、「パンの材料となる小麦」という存在を知らないし食べたことも見たこともない孤立した島があったとします。その島人の誰一人として「パン」を知りません。

その人間に、「カレーパンが食べたいから作って」といっても何のことやら分からないわけです。

分からない事には存在しないのと一緒です。そしてその人間にいくら頭を使えといっても、カレーパンは作れっこありません。

できたとしても恐らく違ったモノができあがるでしょう。このように知識がなければ、自分が求める適切な答えを引き出せないのです。

ということは、より良い結果を出すには知識をつける他ありません。なので本を読んでます。さて、本を読んで思うのは自分がいかに無知で知識が足りないかということを痛感しています。

本当に学生時代に勉強をサボってきたツケを実感してます。

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ