ビジネス書を読んでもデキる人にはなれないの感想・レビュー

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない
著書:漆原直之
発行:マイナビ新書

読了。ザックリ斜め読み。

この「ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない」で語られる”ビジネス書”とは、主に自己啓発・ライフハック系の本のこと。それらをいくら読んでもデキるビジネスマンにはならない、と。

似たり寄ったりのビジネス書に踊らされないための指南書です。

それでも自己啓発系の本を読みたいなら、稲盛和夫さんや松下幸之助さん本田宗一郎さんなど日本経済に多大なる貢献をしてきた偉人の本を読めということです。

売れてるビジネス書や新書など次々と似たような本が出版されてます。その多くが、例えるなら薄めたカルピスをさらに薄めたようなものです。

それは出版社の裏事情があるからです。

出版社も慈善事業ではないので、売れるか売れないか分からないテーマやジャンルのビジネス書を出版するよりも、確実にヒットが飛ばせるであろうビジネス書を出版したいと思ってます。

そこで、1つのテーマやジャンルの本が売れたら、それをパクります。中身はリライトで、タイトルだけキャッチャーに変えて…ってこの構図どっかで見たことありませんか?w

そう、我々アフィリエイターと一緒なんです。

飛ぶように売れる商品・KWが分かる→アフィリエイターが群がる→上位サイトのリライト合戦が始まる。

あるいは情報商材でも一緒ですよね。最近ではnoteですか。薄めたカルピスを、さらに薄めたものを飲まされてるってわけです。

さて、この本書で言わんとする結論ですが、ビジネス書はビジネス書でも、例えば決算書の読み方や最新の会計制度などのビジネス実務書、専門書、学術書など、あなたの仕事の実務に関する本を読めということです。

まさにそのとおり。

もうこれ以上、自己啓発(成功哲学)の餌食になるな!にも書きましたが、年収が低い人ほど自己啓発系の本を読んでしまってます。

お金を稼ぐ能力と自己を啓発することは全く別物です。

お金を稼ぐには

1)仕事で稼ぐ
2)投資で稼ぐ

この2パターンしかありません。投資で稼ぐにしても仕事で稼ぐにしても、それに関連する本を読まない限りは意味がないと思ってます。

この本のはじめに「ビジネス書は栄養ドリンクみたいなもの。一時的に血糖値をあげヤル気にさせてくれるが、医学的効果は果たしてどうなのか。」と書かれています。

あなたの目的が「ヤル気を一時的にあげたい!」のであれば自己啓発系の本を読むのは間違ってないと思います。でも「お金を稼ぎたい」ならそれに直結する本を読めということですね。

昨今の似たり寄ったりのビジネス書に疲れた人におすすめ。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ