アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のり#12【壁】

アフィリで0から月30万稼ぐまでの道のりと言う名の作業ログ。
今日は「壁」についてのログと作業してての気づき等を残そうと思います。

「月、30万を安定的に稼ぐ」ということを目標にはじめたプロジェクト。

この目標を達成するまでには、当然すんなり行くわけもなく
幾つかの壁が存在します。

この「壁」という言葉を言い換えれば、
「失敗」や「課題」や「問題」とも言えます。

若干、失敗や課題や壁や問題というのは、
違う意味じゃないのか?と思うかもしれませんが
個人的に、意味は近いような気がしています。

なのでここでは一括りにさせていただきます。

この壁(あるいは課題や失敗)というのは、
その人のやり方・環境・ステージによって全く違ったものになります。

ある人は、「モチベーションがあがらない」ということが大きな課題になるでしょうし、
ある人は、「SEOのやり方がよく分からない」ということが大きな課題になるでしょうし、
ある人は、「記事の書き方がよく分からない」ということが大きな課題となるでしょう。

あるいは、

「サイトが全く上位表示しない」という失敗かもしれませんし
「アクセスはあるけど全く売れない」という失敗かもしれませんし
「サイトのリンク誘導できない」という失敗かもしれません。

私の場合ですが、今起きている壁や失敗や問題
または今後、起こりうる壁や失敗や問題というのは、

1:キャッシュされない ⇒ 今ここ
2:狙ったKWで上位表示されない
3:アクセスがない
4:アクセスがあっても、アフィリリンクに誘導できない
5:誘導できても売れない
6:上位表示しているがやがて下落する

といった感じかなと予測しています。

まずはアクセスがないことには、
何も分かりませんのでアクセス集めが必要です。

しかし、アクセスを集めるのには、
大前提としてグーグルにキャッシュされなければいけません。

しかし、現状としてキャッシュされないという問題が発生しています。

この原因は、
グーグルに優遇されているドメインと
不遇されているドメインがあるからです。

なぜ不遇されているドメインがあるからと言うと、
アフィリエイターやSEO業者がそのドメインを使って悪さしてきたからだと思ってます。

それで対策を取られたのかな、と。

例えば、以前(3~4年くらい前かな?)の検索結果は日本語ドメインで溢れていました。
何故かと言うと「日本語ドメイン」は上がりやすかったからです。

それを知ったアフィリエイターは集団でそれらを使ってきました。

しかし、グーグルが対策を取ったのか、
今や検索結果でほとんど日本語ドメインは上位表示しているのを見かけなくなりました。

それで、ドメイン会社が次々と新しいgTLDドメインを開発?して販売しています。

gTLD…Generic Top Level Domainの略称で、特定の領域・分野ごとに割り当てられたトップレベルドメインを指します。一般的に地理的制限がなく、世界のどこからでも登録することが可能なドメインです。例えば、.com .net .org .bizなど。

「なんで年々、gTLDドメインが増加しているのか?」と疑問に思ってましたが、その理由が今回よく分かりました。

なので、、、

1:キャッシュされない ⇒ 今ここ
2:狙ったKWで上位表示されない
3:アクセスがない
4:アクセスがあっても、アフィリリンクに誘導できない
5:誘導できても売れない
6:上位表示しているが下落する

今の問題を解決するには、「多種多様なドメインを使い、どのドメインが良いかをテストする」という結論に至りました。

あくまで私のやり方の場合ですが、各種ブログ&xyzドメインは通用しないということが分かりました。76ドメイン(xyzドメイン71個・その他5個)とって71個は無駄に終わりました。

これは完全に失敗ですね。この失敗というのは、ほぼ100%の確率で起こりえます。

私が尊敬する億万長者の斎藤一人さんが「商売人はもしこれが失敗するとしたら、次は何をするかというように次の手、次の手を同時に考えておく」みたいなことを言ってました。

なぜ、こんな面倒くさいことをするかというと100%うまくいくことは滅多にないからです。失敗にそなえて準備しておくってわけですね。

私は独自ドメイン取った時は確実に成功するつもりでいましたが失敗しました。

ただ運が良かったのは私の場合は「もしもこれが失敗したら・・」ということが頭によぎり、途中で5個ほど違ったドメインを取得していたのが功を奏しました。

私のやり方でいくと、1つだけ特定のとあるgTLDドメインがキャッシュされることが確認できました。

ただこのドメインが上位表示されるかはまだ分かりませんので、引き続きキャッシュされる&上位表示しやすいドメインを探すテストを行っていきます。

この失敗について理解していないと、モチベーションが大きく下がる原因となってしまいます。

情報商材とかセミナー受けた直後って、
モチベーションマックスで「よーし!やるぞー!」って感じですよね。

それで実際にそのとおり試していくと、100%上手くいかない。
失敗する。絶対に自分が思った通りになりません。

頭ではこのような図のようなイメージを描くわけですが

gatag-00005961

全くこの通りにならない。

あるお偉いさんがTwitterで「初心者は記事を100記事、書けばいい」とツイートしていた、と。そしてそのとおりやってみた。

実際に100記事書いてみたけれど、蓋を開けてみればアクセスがない!この瞬間に多くの人は挫折します。自分が思い描く希望と、現状のギャップに耐えきれず心が折れてしまうわけですね。

これは結果にフォーカスしすぎるのが原因かと思ってます。

私の場合ですと、30万を稼ぐという結果ですね。30万を稼ぐと思って作業するとモチベーションが下がってしまうというわけです。(もちろんこれでモチベがあがる人なら良いと思います)

そうではなくて、目標を達成するための目標(少目標)にフォーカスして作業した方がモチベがあがるのかなと。

私の場合の目標は30万稼ぐということですが、それを達成するための少目標は、キャッシュされることにひたすらフォーカスして作業をしています。

キャッシュされるドメインが分かれば、次の少目標は上位表示やアクセスということになります。このように結果目標にフォーカスして作業するのでなく、少目標を目標を達成するために作業する。

途中起こり得る失敗を予測して次の手、次の手と考えておくのが大事なのかなーと思いました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ